Mozillaが、メモリ使用量を大幅に減らした?「Firefox Quantum (「Firefox 57」)」の正式版をリリース

2017年11月14日、
Mozillaが、メモリ使用量を大幅に減らした?「Firefox Quantum (「Firefox 57」)」の正式版をリリースしました。

早速、使ってみましたが、確かに速くなりました。  Good!!です。

Googleの「Chrome」と同じように、タブごとに異なるプロセスを割り当てる為に複数タブを開くと、「Chrome」と同じように、メインメモリを大量に喰っている様ですが。。。。

「タブ」を複数開かない使い方なら、何にも問題ありませんが、メインメモリの少ない方で、タブを複数使う方は、もう、代替えのブラウザは無くなりました。。。。

いずれにしても、「Chrome」より、「Firefox Quantum」が、お勧めです!!

Sponsored Links




新機能
・新しいCSSエンジンのQuantum を搭載。
・視覚効果、タッチスクリーンへの最適化などを実装し、再設計されたUI(fluid UI)。
・アドレスバーと検索バーを統一(新規にインストールするとこの統一バーが表示)。
・AMD VP9ハードウェアビデオデコーダによる低消費電力ビデオ再生のサポート。
・すべてのWebサイトのアクセス許可を管理する許可設定が可能に。

タスクマネージャーで、確認すると。。。
プロセス タブ

「Chrome」と同じようにプロセスが複数起動して、メモリを喰っています。

パフォーマンス タブ

Windows7 32Bitですので、メモリの最大容量は3.6GBなのですが、Firefoxを起動して、13タブくらい開いていると、2.5GBほど使用しています。

注意事項
多きな変更が入っていますので、「アドオン」を沢山インストールして使用しているユーザーは、本バージョンで使用できなくなる「アドオン」が多数有りますので、しばらく待った方が良いのではと思います。

対応OS
Windows 7、8.1、10

・mozila ダウンロード サイト
https://www.mozilla.org/ja/

・Release Notes
https://www.mozilla.org/en-US/firefox/57.0/releasenotes/

関連記事
Mozillaが、「Firefox 57」から「Firefox Quantum」に改名し、大幅に改良した新バージョンを発表

Mozillaが、Windows 7環境でビデオ関連でクラッシュが発生する対策をした「Firefox 56.0.2」の最新版をリリース

Mozillaが、「Windows10」にも正式対応した「Firefox 40.0」をリリース
「さよならChrome。私、Firefoxに戻ります」と云う記事が、とても面白かったので感想を

複数のブラウザの設定をまとめて管理してくれる便利なフリーソフト「auslogics browser care」

Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*