Windows 7を高速化する方法です。

Windows 7を高速化する方法を記載します。

既に、「Windows 8、8.1」がリリースされて、次期OS「Windows 10TechnicalPreview」もリリースされて、秋には「Windows 10」の正式版が出てきますが、「Windows 7」は、延長サポート期間が2020年までありますので、まだまだ使用できます。何とか快適に使用できるようにしましょう。

そこで、「Windows 7」の場合は、重いを何とかするのではなく、高速化する方法を記載しますが、色々な場合(環境)がありますので、少しまとめましょう。


Sponsored Links




– 全体 目次 –
1.実施する前の心の準備

2.現在のパソコンの状況について
1)OSのみの入れ替えの場合
2)安いマシン(性能の低いという意味で)を購入してしまった方
3)Windows XPで使用していたマシンのパーツをほぼ全部入れ替えた。

3.ハードの性能、容量に関する要因
1)「パフォーマンスの情報ツール」を使用して、自分のマシンの性能を評価してみて下さい。
2)元々、メインメモリの容量が足りない。
3)メインメモリは十分積んでいるが、ソフトの動きが重い。
4)「メモリ容量」も「CPU処理能力」も、そこそこだが。。HDDの容量が足りない。

4.OS、アプリケーション的な要因
1)不要なビジュアルエフェクトを「無効」にする
2)起動速度を高速化する
3)Windows Aeroテーマを無効にする
4)不要なスタートアップメニューを削除する
5)「Windows Search」を無効化する
6)セキュリティソフトを見直す
7)「自動復元ポイントの作成」を無効にする。
8)「Windows Searchのインデックスの作成」を止める。
9)「インターネットが遅い」と感じる場合の対処方法

1.実施する前の心の準備

まずは、自分のパソコンのハード的な性能を調査して、「メインメモリ」の容量、「HDD(ハードディスク)」の容量が足りない状態なら、まずそれを改善してから、ソフト的な部分の改善策を実施してみてください。

ぎりぎり、メインメモリの容量やHDDの容量に問題がない場合、あとは、他に問題が無ければ、CPUの処理能力の問題ですので、CPUだけは、おいそれと変えられませんので、ソフト的にCPUの負荷を少しでも削減する為に、これから記載するソフト的な解消方法を一気に実施せずに、1つ1つ、分けて実施してみてください。

どの作業を実施した時に、効果が出たのか、実感できると思います。 下記に記載する方法を一気に実施せずに、1つ1つ、分けて実施してみてください。 そうすれば、どの作業を実施した時に、効果が出たのか、実感できると思います。
ただ、余りにも性能の低いパソコンは、いくら、いじっても改善できない事もあります。

もう一つ、
ただでさえ重いのに、特に「日本のメーカー製のパソコン」ですが、使いもしないメーカーがプリインストールした「おまけ」のソフトが 入った状態で何年も使用している事です。  重いと訴えるお客様の1/3は、使いもしないソフトを後生大事に入れて置き、「重い、重い」と云います。  コントロールパネルの「プログラムと機能」画面を表示して、これ要る?、要らない? と確認すると、ほぼ使用していないソフトです。

そうなんです。。。。使っていないから、ソフトの名前を言っても、名前すら分からないいです。
そう、どれを削除して良いのかも、分からないんです。

メーカー製のパソコンで、購入した時から、不要なソフトの削除を行っていな方は、いの一番に、不要ソフトトの削除から始めてください。 <削除してはいけないアプリケーション>も記載していますので、ここだけ読んで、最初に実施してください。

記載している対策を実施しても、上手くゆかない場合も有ります。

①よっぽど性能が低い場合——>買い替えるしか方法がありません。

②ちゃんとメンテナンスしていない場合。
メンテナンスをしていない場合、下記の事例もあります。まさかと思いますが。。。本当は結構多いのですが。。。参考にして下さい。
③密かに、バックグラウンドで動いているアプリが有る場合。

Windowsの高速化には色々な方法が有りますが、「レジストリ」をいじくったり、Windowsの裏(バックグラウンド)で動いている「サービスプログラム」などを止めてまで対処する方法などは、効果があまりない場合や、設定を変更して、後で戻せない方がいますので、あまり記載していません。

出来る限りパソコンにそんなに詳しくない方でも、最も効果の上がる方法のみを記載します。

Sponsored Links