「Windows 10」の無償アップデートの適用期間(1年間、2016年7月29日に終了)が過ぎているのですが、3台のパソコンに「Windows 10」64bit版をインストールすることができた不思議についてです。

本日のお題は、「Windows 10」の無償アップデートの適用期間(1年間、2016年7月29日に終了)が過ぎているのですが、3台のパソコンに「Windows 10」64bit版をインストールすることができた不思議についてです。

Microsoft社は、確かに、こう言っていました。

■無償アップデート適用期間(1年間、2016年7月29日に終了)以内に1度でも、「Windows 10」にアップグレードしたパソコンは認証が取れているので、「Windows 7」などにダウングレードしても、その後、適用期間が過ぎていても、再度「Windows 10」をインストールすることができると。

■無償アップデート適用期間(1年間、2016年7月29日に終了)が過ぎても、「障碍者向け支援技術製品をご利用のお客様向け Windows 10 無償アップグレード」画面が存在して、インストールできる事も知っていました。

このページは、現在は存在していません。

これ以外は、もう期限が過ぎているので、無償アップグレードは無理だろうと思っていました。

実施した順に

■1台目:デスクトップPC
これはすでに、「Windows 10」32bit版が入ったデスクトップPCに、「Windows 10」64bit版を再インストールできた。 これは、32bit版—>64bit版に変更できたので、「そうなのか、できるんだ」と思うしかない。

■2台目:ノートPC
「Windows7」32bit版が入っていたノートPCに、HDDか壊れていたので、SSDに変更して、「Windows 10」64bit版を新規でインストールできてしまい、認証も取れていました。

■3台目:デスクトップPC
「Windows 10」32bit版が入ったデスクトップPCで、HDDか壊れていたので、SSDに変更して、Windows 10」64bit版を新規でインストールできてしまい、認証も取れていました。

不思議なのは、1台目は良いとして、2台目、3台目はなぜ認証が取れたのだろうか?

ちゃんと、プロダクトキーも設定されていました。

Microsoft社の正規のダウンロードサイトから入手した物で、1枚のインストール用DVDを作成して、それを使い3台とも「Windows 10」64bit版をインストールする事ができてしまいました。

■Microsoft Windows10のダウンロード サイト
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

実際にマイクロソフトは、「アップグレードしてみてライセンス認証されたらOK」という態度を取っているようですが、何をもって「ライセンス認証」されるのか? 不思議です。

単に、太っ腹と思っていていいのでしょうか?

確かに、Microsoft社の思惑としては、いつまでも、古いOSを使われているよりか、さっさと安全な最新OSを使ってくれた方が、セキュリティの面からも、都合が良いのはわかります。

ただ、Apple社のMacのように、OSを無償で、いつでもアップグレードさせることをしていませんので、密かに「ガード」をかなり緩めて、「Windows 10」を使わせようと、しているのかもしれません。

もう一台、箱(PCケース)の無い、パーツだけのデスクトップPC(Windows8.1が入っていた)がありますので、PCケースを購入して、組み上げて、「Windows 10」64bit版を新たに「SSD」にインストールしてみようと計画しています。

これも、ちゃんと、認証が取れて、「Windows 10」64bit版が動くのか。。。上記、3台ともできていますので、多分、大丈夫なんでしょう。

こうなると、私のパソコンは、WindowsのノートPC1台、デスクトップPC3台と「Windows 10」64bit版のパソコンだらけになってしまいます。 おまけに「MacBook Air」もあります。

ですので、友人でパソコンが壊れた人が居れば、PC本体のみなら、あげようと考えています。

関連記事
Windowsの「プロダクトキー」を調べる方法

10年前のSONY製「Windows 7 Home 」64bit版のノートPCに、最新版の「Windows 10」を入れて、ちゃんと動くか? 試してみました。

古いSSD搭載のデスクトップPCから、新しいHDD搭載のデスクトップPCに入れ替えて、ストレージもHDDからSSDに入れ替える手間について。

Windows10のデスクトップパソコンのSSDの入れ替えと、余ったSSDをノートパソコンに入れて復活させる作業をしてみました。


Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする