Windowsの「プロダクトキー」を調べる方法

2020年5月10日、
本日のお題は、Windowsの「プロダクトキー」を調べる方法です。

Windowsを再インストールしたりする時に、「プロダクトキー」がどこに記載されているかわからなかったり、記載しているケースなどをなくしてしまった場合など、うっかり、していると分からなくなりなります。

Microsoftストアから、Windows OSを購入したような場合、プロダクトキーは購入後に届く確認メールに記載されているが、こうした情報は消失しがちですので注意が必要です。

尚、「Windows10」などの「設定」から「システム」の「バージョン情報」に表示されいるのは、プロダクトID」ですので、「プロダクトキー」とは別のもですので勘違いしないように。

でも、大丈夫です。 そのWindowsが動いているのなら、アプリを1本ダウンロードして実行すれば、「プロダクトキー」が、すぐに判明します。

「コマンドプロンプト」から、コマンドを入れて表示させる方法もありますが、どういうわけか、表示できないパソコン(Windows 8以降のメーカー製PCではない)もありますので、一番簡単な「ProduKey」というアプリを紹介します。

プロダクトキー表示ソフト 「ProduKey」

■ダウンロードサイト
https://www.nirsoft.net/utils/product_cd_key_viewer.html

Windows10の64Bit版なら、上記サイトの後半部分に下記のリンクがありますので、ZIPファイルをダウンロードして、解凍します。

解凍して、インストールする必要はありません。フォルダの中に、実行ファイル「ProduKey.exe」がありますので、それを起動させるだけです。

上図の様に「プロダクトキー」が表示されていますので、コピーして、別の場所(メモ帳でOK)に、大切に保存しておきましょう。

Windowsの他に、Microsoft Officeの「プロダクトキー」も表示されます。これもついでにメモしておきましょう。

補足説明> プロダクトキーとは?
Windows OSのプロダクトキーは、Windows OSの「ライセンス認証」に使うものです。

アルファベットと数字が混在した「XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX(5文字×5個)」形式の合計25文字のコードでできています。

このプロダクトキーさえ、ひかえてあれば、window10などを、Microsoft社のサイトからOSをダウンロードして、再インストールする時など、「ライセンス認証」を求められたときに入力しないとWindowsを使えませんので、重要です。

関連記事
「Windows 10」の無償アップデートの適用期間(1年間、2016年7月29日に終了)が過ぎているのですが、3台のパソコンに「Windows 10」64bit版をインストールすることができた不思議についてです。

10年前のSONY製「Windows 7 Home 」64bit版のノートPCに、最新版の「Windows 10」を入れて、ちゃんと動くか? 試してみました。

古いSSD搭載のデスクトップPCから、新しいHDD搭載のデスクトップPCに入れ替えて、ストレージもHDDからSSDに入れ替える手間について。

Windows10のデスクトップパソコンのSSDの入れ替えと、余ったSSDをノートパソコンに入れて復活させる作業をしてみました。

2020年1月14日には、「Windows 7」 の延長サポート期間もいよいよ終了します。 金を掛けずに、パソコンを使い続ける方法

Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする