世界初の女性だけのラリー、「女城主の里」岐阜県岩村町で開催されました!!

2017年11月26日、
世界初の女性だけのラリーが、「女城主の里」岐阜県岩村町で開催されました!!

大会は岩村町の街並みをスタート地点に、錦秋の山間部、全92km、スペシャルステージ(SS)4か所・16kmで開催。 主催者によると8000人の観客が集まったそうです。


Sponsored Links




F1を除けば、女性のレーサーが勝利しても、おかしくないコンペティションが、自動車のレースではないでしょうか。 過去に、パリダカでも、四輪部門で女性が勝利したことがあります。

私も、過去に、2輪の草レースに出場していましたが、乗り物を自分でコントロールして、速く走らせる喜びは、やってみないと分からないですし、更に、勝つには、体力よりも、ドライビングセンスが、大事ではないでしょうか。

今回のレースは、林道ですが、グラベルではなく、ターマックでのラリーだったようです。

若者が、クリマに乗らなくなった、買わなくなった。。。といわれていますが、まだまだ、クルマが大好きな人たちが、たくさんいるんだなと思うと、楽しくなります。

次は、WRC(世界ラリー選手権)のお話です。

2017年12月4日、
フォルクスワーゲンが、新型『ポロGTI』ベースのラリーマシン、「ポロGTI R5」を発表しました。 いやーかっこいいですね!!! こんなのを市販してほしいです。

ポロGTI R5 スペック
・直噴1.6リットル直列4気筒ガソリンターボエンジン。
・最大出力は272hp
・最大トルクは40.8kgm
・トランスミッションは5速シーケンシャル。
・車両重量は1320kg、
・0~100km/hの加速は4.1秒。

フォルクスワーゲンは、WRC(トップカテゴリー)におけるワークス参戦からは撤退していますが、WRCを含む「R5」カテゴリーのラリーに参戦する顧客をサポートする目的で、ポロGTI R5を開発したようです。

もう一つ、
フォードのワークスではない「Mスポーツ」から出場して、チャンピオンを勝ち取った、「セバスチャン・オジェ」は、今年もまた、「フォード・フィエスタ RS WRC」で戦う事を決意したようです。

トヨタ自動車(TOYOTA GAZOO Racing)の「ヤリス」も来年頑張ってほしいですが、「フォード・フィエスタ RS WRC」で戦う「セバスチャン・オジェ」を応援してしまいそうです。

Sponsored Links





関連記事
2017年の世界ラリー選手権で、Mスポーツのセバスチャン・オジエ(フォード・フィエスタWRC)がタイトルを確定 おめでとう!!。

トヨタ、WRC復帰2戦目のラリー・スウェーデンで復帰後初優勝!。。。です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*