スマートフォンからお家をコントロールできるTP-LinkのWi-Fiプラグ『HS105』を3月下旬より発売

スマートフォンからお家をコントロールできるTP-LinkのWi-Fiプラグ『HS105』を3月下旬より発売する。 市場想定価格は約4500円(税込)。

製品に内蔵されていないなら、この手を使えば、気軽にIoT(Internet of Things)を始める為の商品になります。

Sponsored Links





HS105を自宅のWi-Fiに接続することで、アプリ「Kasa」から家電をコントロールをすることが可能で、加えて複数のスマートデバイスを一手に管理をすることも可能です。
アプリをスマートフォンやタブレットにダウンロードすることで外出先から電源のオン/オフや、生活スタイルに合わせたスケジュール設定が可能となります。

例えば、「おでかけモード」を使用するとHS105はつながっているランプなどのオン/オフを無作為に切り替えるため、旅行などで長期間お家を空ける際でも家に誰かがいるように装う事ができ、セキュリティの向上につながります。

本体サイズ:66×40×42mm、重さ:85g。プロトコルはIEEE 802.11b/g/n。

特長

  • どこからでもコントロール可能
    iOSかAndroid端末専用アプリ「Kasa」を使えばHS105につながっている電化製品の電源のオン/オフを遠隔操作で切り替えることが可能。
    ※Android 4.1 以上、 iOS 9.0以上が必要。
  • スケジュール設定 
    電源オン/オフのスケジュール、タイマー、カウントダウンの設定や、夜明けや夕暮れに合わせた設定が可能です。
  • 消し忘れの心配はもう無用
    HS105につながっている電化製品の電源が入っているか否かが外出先からでも確認が可能ですので、消し忘れを心配する必要はありません。
  • おでかけモード 
    HS105をライト等につなげばライトのオン/オフを自動的に行うので、無人であることを悟らせません。
  • 音声コントロール 対応
    Amazon AlexaやGoogleアシスタントでの音声コントロールに対応。

・tp-link サイト
https://www.tp-link.com/jp/

追記
3月下旬から発売が延期されていた「HS105」が、2018年4月10日発売されました。

合わせて、スマートホーム製品の操作が可能なAndroid/iOS向けアプリ「kasa」の日本語版をリリースしています。

アプリの機能
・HS105に接続された家電製品の電源を遠隔からオン/オフできる
・電源オン/オフのスケジュール、タイマー、カウントダウンの設定が行える。
・Amazon AlexaやGoogleアシスタントでの音声コントロールにも対応する。
・複数のHS105をグループ化し、起床時、帰宅時、パーティー時など、「シーン」に対して設定を行うことができる。
・外出中でも電源のオン/オフを自動的に行う「おでかけモード」の利用も可能。

Kasa for Mobile(Google Play)
Kasa for Mobile(App Store)

関連記事
【お勧め商品】「TP-LINK」のWi-Fiルーター「Archer C9」をちょっと紹介します。2016年6月から日本国内での販売を開始しています。

【新商品】TP-Linkが、ワイヤレス トラベルルーター「TL-WR902AC」を2018年1月15日に発売すると発表

TP-Linkが、PLCに対応した無線LANアクセスポイントとPLCアダプターをセットにしたWi-Fiエクステンダーキット「TL-WPA4220KIT」を12月7日に発売

Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.