ソニーが、腕時計のバンド部分にスマートウォッチ機能を内蔵した「wena wrist active(WA-01A/B)」を3月9日に発売すると発表

ソニーが、腕時計のバンド部分にスマートウォッチ機能を内蔵した「wena wrist active(WA-01A/B)」を2018年3月9日(金)に発売すると発表しています。 価格は29,880円(税込)から
2月28日よりソニーストアなどで予約受付を開始しています。

ちょっと面白い、製品ですので紹介します。バンドの部分に GPSや光学式心拍センサーを搭載した腕時計のバンドで、アナログの時計のヘッド部は別売です。


Sponsored Links




時計のヘッド部は別売で、wenaブランドのヘッド部のほか、別売エンドピースでラグ幅18mm/20mmのヘッドも装着できる。

1)電子マネー機能
バンド部分にFeliCaを搭載。バンドをかざすだけで、全国のコンビニ、ドラッグストア、スーパーなど45万店舗以上で買い物ができます。

2)通知機能
バンド部分に有機ELディスプレイを搭載。スマホへの電話着信はもちろん、通知アプリ名、本文などを振動とともにお知らせ。その他にも、電池残量やその日の歩数、電子マネーの残高なども表示できます。

3)活動ログ機能
バンド内部にGPSと光学式心拍センサーを搭載し、移動距離、平均速度、歩数、心拍数、睡眠状態などを計測できます。

・wena サイト
http://wena.jp/lp/wena_2nd/


Sponsored Links




関連記事
ソニーが、お気に入りの腕時計をスマートウォッチの様に電子マネー機能を搭載した腕時計用レザーバンド「wena wrist leather」と電子マネー機能、通知機能、活動ログ機能を搭載した「wena wrist」ステンレスバンドを発表

米「Pebble」社が、初の丸型スマートウォッチ「Pebble Time Round」を発表

SIMロックフリーのスマートウォッチフォン「SmartGear49」が気になる。。。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください