Microsoft社が、 Surface シリーズの最新タブレット 「Surface 3」 を発表

3月31日(現地時間)、
Microsoft社が、 Surface シリーズの最新Windows 8.1タブレット 「Surface 3」 を発表しました。
「Windows RT」を積んだ「Surface」、「Surface 2」のARM版モデルではなく、Windows 8.1(64bit版)を採用したモデルになりました。

分かり易く云えば、「Surface Pro 3」の様にCPUがCore i3 / i5 / i7 ではなく、「ATOM」にしてWindows 8.1(64bit版)が動作する、お安いモデルです。

Sponsored Links





米国では、5月5日に出荷予定。
価格は、2GB RAM / 64GBストレージの下位モデルで499ドル。LTE対応版は599ドルより

本体サイズ:267×187×8.7mm、重量:622g

スペック
・OS      :Windows 8.1
・プロセッサー:Intel製 Atom x7-Z8700(4C4T,定格1.6GHz,最大2.4GHz,L2キャッシュ容量2MB)
・メモリ   :2GB /4GB
・ストレージ :容量64GB,128GB,およびmicroSD
・ディスプレイ:10.8インチ1920 x 1280ピクセルの3:2縦横比。
タッチ入力、Surface Pro シリーズと同じ感圧対応のデジタイザペンにも新たに対応。
・無線LAN  :IEEE802.11a/b/g/n/ac 対応、Bluetooth 4.0対応。
・カメラ   :アウト側 :有効画素数約800万画素、イン側 :有効画素数約350万画素
共に1080pのフルHD(1080×1920ドット)の動画撮影に対応。

・Surface 3 は、シリーズで初めてマイクロUSB充電に対応。

・「Surface 3」
http://www.microsoft.com/surface/en-us/products/surface-3?ocid=themis_mscom

関連記事
Windows8、8.1タブレットの重いを解消して、高速化して使うには

Sponsored Links





コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*