富士フイルムが、スマートフォンなどで撮り溜めた写真をクラウドに保存し、人工知能(AI)を使って整理・管理できるサービス「FUJIFILM PhotoBank」を2019年春に開始すると発表

2019年2月26日、
富士フイルムが、スマートフォンなどで撮り溜めた写真をクラウドに保存し、人工知能(AI)を使って整理・管理できるサービス「FUJIFILM PhotoBank(フォトバンク)」を2019年春に開始すると発表しました。

フォトバンクでは、スマホやデジカメで撮影した画像だけではなく、フィルムや写真プリントなどのアナログ写真もデジタルデータに変換して預かります。

サービス利用料

フリー
プラン

25GB
プラン

50GB
プラン

100GB
プラン

容量

5GB

25GB

50GB

100GB

以降50GB毎

料金
(税込)

無料

190円/月

380円/月

750円/月

+370円/月

※ 写真プリントなどをデジタルデータに変換するスキャンサービスは別途料金が発生します。

特長
①アナログ写真からデジタルデータまで、写真を一元管理
②AIを活用し簡単に写真を整理
・AIを活用し、ユーザーの写真1枚1枚に約1,000種類ものキーワードから自動的に人物や建造物などの被写体や、写真が撮影されたシーンなどのタグを付与します。
・ユーザーは、写真に付けられたタグを使って検索することで、簡単に目的の写真を探すことができます。
・ピントがずれた写真を非表示にしたり、類似写真を探し出して、まとめて1枚に表示することで大量の写真をすっきりと見やすく整理し、快適に閲覧することが可能です。
・AIが直近のシーン・イベントを認識し、例えば、旅行の写真をまとめたアルバムを自動的に作成するなど、簡単に思い出を振り返ることができます。

③ 写真を共有している相手が一目でわかるデザイン

「大切な写真だからこそ、特定のメンバーだけで共有したい」というニーズにお応えし、指定したフォトバンクの会員同士で写真を共有できる機能を搭載。

④ さらに広がる写真サービス
ユーザーが気軽にオンライン写真展に参加したり、当社の多彩なプリント製品をネットプリントサービス「Prints &Gifts」で簡単に注文できるようにするなど、写真の楽しみ方を広げるサービスを順次拡充していきます。
⑤ 安全なセキュリティ環境で写真を保管
写真データは、厳重なセキュリティシステムで管理された、クラウドベースのメインサーバと2つのサブサーバで保管いたします。
⑥ 写真をもとに好みに合った製品・サービスを提案するマーケットプレイス
「マーケットプレイス」では、さまざまな企業が自社の製品・サービスを販売できます。

サービスの仕様

対応デバイス iOS/Androidスマートフォンアプリ
WEBサービス
会員システム 富士フイルムネットプリントサービスFotonomaの会員登録が必要です。(会員登録無料)
会員登録サイト
リリース時期 2019年春:iOS/Androidスマートフォンアプリ
2019年夏:WEBサービス
2020年初頭:マーケットプレイス

関連記事
Googleのアプリ2つ、フォトストレージサービス「Google Photos」と新しいメールアプリ「Inbox」が正式リリース

クラウド上で画像編集などのグラフィックデザインを作成できるWEBサービス「Canva」の日本語版が登場
【紀伊國屋書店】探している本が、お店のどこにあるか、スマートフォンやパソコンから「KINOナビ」で簡単に調べられるようになりました。
キヤノンマーケティングジャパンが、「PhotoJewel S」にてフォトアルバムを作ってくれる「高品質フォトブック! ワンコインおためしキャンペーン」を2017年10月6日より1週間限定で実施


Sponsored Links




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください