Dell、Acer、ASUSの3メーカーが、国内の個人向けに「Chrome OS」搭載の「Chromebook」の販売を開始

Dell、Acer、ASUSの3メーカーが、国内の個人向けに「Chrome OS」搭載の「Chromebook」の販売を開始しています。

初めに

「Chrome OS」とは、2009年7月にGoogleが開発したLinuxベースのOS(基本ソフト)です。
WEBベースのアプリケーションが動きますので、通常のWindows OSやLinuxディストリビューションともちょっと違います。分かり易く云えば、Chrome上で、アプリケーションが動作しますが、オンライン(ネット接続)が基本です。オフラインでも使用できるアプリもあります。

アプリケーションンは、Googleの「Chrome ウエブストア」からインストールして、全てChrome上で動作します。

chrome_web_store_001

Sponsored Links





1.Chromebook 共通の注意事項、使い勝手について

ドライバー類
USB端子は付いていますが、Windows用、Mac用のプリンターやスキャナーなどの周辺機器は接続して使えません。印刷は、ちょっと面倒ですが、「Googleクラウドプリント」経由で印刷することができます。
もう一つ、ChromeをインストールしたPCをChromebookからリモートで操作できる「 Chrome リモート デスクトップ」という機能も利用できます。

USBメモリーの使用
USBメモリーの中に入れたデータ(音楽、画像などを)再生・閲覧したりすることは可能です。「Googleドライブ」へコピーしたり、ダウンロードすることも可能です。

・ファイルの保存場所
「Google ドライブ」の他は、ファイルをローカルにダウンロードして保存することも可能ですが、端末内でアクセスできるのは「ダウンロード」フォルダのみです。 画像ファイルは編集機能も搭載していますので簡単な作業なら大丈夫です。

通信状態
Chrome上で動作するアプリは、GoogleのWebサービス、ストアのWebアプリは、常時オンライン(ネットに接続した状態)であるのが基本です。
オフライン環境で使用できるアプリは、限られていますがあります。 もちろん、メール、文書作成、動画閲覧、ゲームもできます。

Windowsパソコンで、GoogleのWEBサービスアプリを普通に使用してパソコンを活用している方なら、違和感なく使えると思いますが、そうでな い方は購入時に、ちょっと注意する必要があります。 自分は、このパソコンで何をしたいのか。。。です。 大抵のことはできますが。。。。。

ブラウザしか使用していない方でしたら、大丈夫ですが、MicrosoftのOfficeは使えません。Officeに似たGoogleのOfficeは使えます。
もちろん、Windowsで使用していたアプリやAndroidのアプリも動作しませんので注意が必要です。
但し、MicrosoftのクラウドOneDrive を利用すれば、Chromeブラウザで、一部に機能制限は有りますがWord、Excel、PowerPointを使えます。

そして、Microsoftも、この分野を狙っていますので、GoogleのChrome OS搭載ノートPCは、えらく神経をとがらせていますが、ちょっと方向をノートPCではなく、ローコストのWindowsタブレットに力を入れている様です。

さて、値段はみな3万円前後で安いのですが、個人向けと云っても、どんな人達が購入するのでしょうか? ブラウザベースのシステムを使いこなせるのか? 販売する時に、ちょっと大変そうな気がします。 売る方もちゃんと分かって売っているならいいが、説明不足だと返品になるかな。

この3台を いざ比較してみると、あまり大きな違いは有りません。 さて、どれが良いんでしょうか?。。。

2.Dell  Chromebook 11

価格 :3万1980円(メモリ2GB、税別)、3万8980円(メモリ4GB、税別)

Amazon.co.jp、ビックカメラ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラで購入できるほか、Dellの直販サイトでも販売を開始。

Dell_Chromebook11_001

3.Acer Chromebook C720

  価格 :約3万円

Acer_C720_001

スペック

  • Intel Celeron 2955U デュアルコア 1.40 GHz
  • 29.5 cm (11.6″) HD (1366 x 768) 16:9
  • Intel HD Graphics と 共有 メモリー
  • 4 GB, DDR3L SDRAM
  • 16 GB SSD

4.ASUS Chromebook C300MA

価格 :3万6800円(日本語キーボードモデル、税別)、2万9800円(英語キーボードモデル、税別)

一般向けにChromeboxも発売です。発売は2014年12月上旬以降を予定。価格は未定です。
サイズ:幅124mm×奥行き124mm×高さ42mm(iPhone 5sと同じくらいの幅です)

ASUS_C300MA_001ASUS-Chromebox2

3台 スペック比較
3メーカーのChromebookはスペックが、ほぼ同じですが、ちょっとした部分が違います。
1)画面サイズは、国内では現状ASUSのみが13インチモデルを発売し、DELLとAcerは11.6インチモデル。
2)CPUは、AcerとDELLは1.40GHzのCeleron 2955U。ASUSが2.16GHzのCeleron N2830を搭載
3)無線LANの規格は、ASUSのみIEEE 802.11acが使えます。 他の2台はIEEE 802.11a/b/g/nまでです。
4)バッテリー駆動時間は、ASUSとDELLが10時間、Acerが8.5時間。
5)メモリは、DELLとASUSが2GB/4GB、Acerは4GBのみ
6)ストレージは、DELLとAcerは16GB、ASUSは2GB/4GB

・Google Chromebook サイト
https://www.google.com/intl/ja_ALL/chrome/devices/chromebooks.html

Sponsored Links





コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*