Opera Software ASAが、デスクトップ向けWebブラウザー「Opera 33」の正式版をリリース

2015年10月27日、
Opera Software ASAが、デスクトップ向けWebブラウザー「Opera 33」の正式版をリリースしました。

低速ネットワーク環境でも高速なデータ転送を図るTurboモードが、Opera社サーバを経由することで画像などのデータを圧縮し、より高速化する「Opera Turbo 2」として搭載されました。

Googkeのブラウザ「Chrome」と同じ、抽画エンジンの「Blink」をバージョン46に更新しています。

IEが重いと言って、Googleのブラウザ「Chrome」のユーザーが、IE以上のユーザー数のなっていますが、IEやChromeよりメモリを食わないブラウザなら「Firefox」などが有ります。タブを複数開いて、ブラウザを活用されている方なら、「Firefox」がお勧めです。

「Opera 」の場合は、低速回線の環境下でブラウジングしているユーザーに向いている様に思います。

ブラウザも、自分のパソコンの性能やインターネット回線の速度などを考慮して、選択するのが、ベストかと思うのです。

ちなみに、私の場合、メインで「Firefox」、Bookマーク、Feedの管理が有りますので「IE11」の2つをモニタを2台使用していますので2画面で使用しています。


Sponsored Links




Opera33_001

新しい「Opera」のロゴが採用されています。
このロゴは、すでにWindows Phone版「Opera Mini」にも導入されています。

Opera33_001

各開発ストリームのアイコンは、developer版 、beta版、final(正式版) の3種類です。Opera33_004

対応OS
Windows Vista、7、8、8.1、10

Mac版
”vibrant” ツールバーを始めとする Mac OS X El Capitan (エル キャピタン) の透過を多用したインターフェースにマッチさせた。

Linux版
H264 ビデオや MP3 オーディオといった商用コーデックスもサポート

・Opera ダウンロード サイト
http://www.opera.com/ja

Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*