キヤノンMJが、写真撮影を楽しく便利にする無料のiOSアプリケーション4つを提供開始

キヤノンマーケティングジャパンが、写真撮影を楽しく便利にする無料のiOSアプリケーション4つを2015年12月14日より順次提供開始しました。

Appleから、iPhoneで使えるUSB 3.0対応 SDカードリーダーもリリースされましたので、
iPhoneなどで撮影した写真は元より、デジタルカメラで撮影した写真を端末に取り込んで使う事もできます。

Sponsored Links





canon_ios_app_000

提供開始順
12月14日から
1)「BestShutter(ベストシャッター)」

BestShutter_001

BestShutterの主な機能
◆基本機能
・撮影時サウンドのプリセット機能(3種類の音源を登録可能)
・静止画/動画撮影機能
・サウンド再生機能(デジカメ撮影時にサウンドを活用できます)
・新規サウンド追加機能(お好みのサウンドを録音して利用可能)
・サウンド再生のタイマー機能、リピート機能(サウンドモード利用時)

◆編集機能
・動画からの写真切り出し機能
・アスペクト比を指定したトリミング機能(1:1、2:3、4:3、16:9)
・20種類の写真加工フィルタ
・写真の自動補正

◆保存・シェア
・作成した写真はカメラロールへ保存できます。
・LINE、Facebook、Twitter、Instagramに投稿できます。
・AirPrint対応プリンタへプリントできます。

・「BestShutter」 iTunesサイト
https://itunes.apple.com/jp/app/bestshutter/id991299691

12月下旬から
2)「Photo Log Map(フォトログマップ)」

Photo_Log_Map_002

端末の位置情報サービスで撮影時のログ情報を記録し、写真入り撮影記録マップを簡単に作れるロガーアプリです。

3)「TakeMyPic(テイクマイピック)」

TakeMyPic_001

撮影者に、思い通りの構図で記念撮影をお願いできるカメラアプリです。

・2016年1月下旬から
4)「Easy Photo Sorter(イージーフォトソーター)」

Easy_Photo_Sorter_001

一度設定した条件(日付・時間・曜日を組み合せた条件を設定可能)で端末内の写真データを簡単に整理することができます。

メーカー名やカメラ名、レンズの種類による条件設定も可能です。また、写真の撮影情報を読み込み、条件として設定することで、撮影情報を読み込んだ写真と同じカメラやレンズで撮影した写真を抽出することも可能です。

関連記事
Appleのアップデートリリース(「OS X El Capitan 10.11.2」、「Safari 9.0.2」、「iOS 9.2」)と新商品2つのニュース

Sponsored Links





コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*