DJIがドローンを操作する専用コントローラー「DJIスマート送信機」を『CES 2019』で発表

2019年1月8日、
DJIが、ドローンを操作する専用コントローラー「DJIスマート送信機」を『CES 2019』で発表。オンラインストアで販売を開始しました。

DJIスマート送信機は、Mavic 2やOcuSync 2.0を搭載する他の機体と接続して、屋外での飛行性能を最大限にするように設計されています。

専用コントローラー『DJIスマート送信機』

DJIスマート送信機 特長
■5.5インチの1080p内蔵ディスプレイを搭載。
超高輝度画面で、直射日光の下でも視認性を確保し、クリアなライブ映像を確認できます。輝度1000 cd/m2は、通常のスマートフォンの画面の約2倍の明るさになります。

■2.4GHz / 5.8GHzの自動切替に対応。
環境からの電波干渉によるドローンの動作と画質への影響を低減し、最大8 kmの信頼性の高い長距離伝送を実現します。
(日本国内では、2.4GHzのみ対応。最大伝送距離は4 km。)

■動作温度
-20°C~40°Cの範囲であれば安定的に動作し、どのような環境下でも高い信頼性でドローンとのHD接続を実現します。

■DJI GO 4アプリの新機能Go Shareを使用して、DJIスマート送信機から空撮写真や動画を簡単にモバイル端末に伝送できます。

■内蔵マイクとスピーカーを搭載しているDJIスマート送信機は、HDMIポート経由でH.264およびH.265コーデックの4K/60fps動画を再生できます。

■バッテリー駆動時間
急速充電に対応した5000mAhのバッテリーは、最大2時間半の連続動作を実現しています。

・DJI オンラインストア
https://www.dji.com/jp/smart-controller

関連記事
DJIが、Hasselblad L1D-20cカメラ搭載の小型ドローン「Mavic 2 Pro」と光学2倍ズーム搭載の「Mavic 2 Zoom」を発表

DJIが、折りたためるコンパクトなドローン「Mavic Air」を発表しました。

DJIが、折りたためるコンパクトなドローン「Mavic Pro」を改良した「Mavic Pro Platinum」を発表

DJIが、折りたためるコンパクトなカメラドローン「Mavic Pro」を発表

DJIが、スマホも使わずジェスチャーで飛行できる、同社最小のドローン「Spark」を日本で発表

DJIが、Phantomシリーズの新製品ドローン「 Phantom 4」を発表。
DJIが、スマホも使わずジェスチャーで飛行できる、同社最小のドローン「Spark」を日本で発表


Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする