【大好きなCM】 ソフトバンク『しばられるな』シリーズの第6弾 『速度制限マン』登場

久々に、観ていて好きになったCMが有りますので紹介します。

ソフトバンク『しばられるな』シリーズの第6弾CM 『速度制限マン』登場です。

音楽は、サカナクションの「忘れられないの」です。この曲も良いのです。

『速度制限マン』役は、なんと! 嶋田久作(しまだ きゅうさく)さんです。

春は、お別れの季節、田舎で生活していた少女も、少し、大人になり都会に舞い降ります。

上京後、故郷の彼に想いを馳せながら、 誰もいない部屋で動画を見ようとすると。。。。速度制限で、まだ振り切れない大切な思い出の人たちの姿も観れない。。。。

嶋田久作さんが、広瀬すずちゃんの携帯の画面を手でふさぐ。。。。

無機質な嶋田久作さんと、憂いを表現する広瀬すずちゃん、良いですね。

なんと、嶋田久作さんと私は同い年でした!!。 私より、4cm背が低い(そこで対抗意識を燃やすな)。

そこに流れるBGMは、サカナクションの楽曲「忘れられないの」。。曲と演出が、何故かマッチしていて、超coolです!!!

忘れられないの

春風で

揺れる花

手を振る君に見えた

新しい街の

この寂しさ

いつかは

思い出になるはずさ

年甲斐もなく、何回も、YouTyubeで再生してしまいました。

行きつけの「スタバ」の新人の女子に、私がこのCM「うけた」とお話をしたのですが、今一ノリが悪く、共感してくれませんでした。ちょっとガッカリでした。 ですので、また、別の「娘」に聞いてみることにしましょう。

多分、一人で、たくさん思いでの詰まった故郷から「札幌」に来て、働いている娘は、分かってくれるのではないかと思うのですが、経験していない娘は無理でしょうか?

スタバの アルバイト学生さんではない、若いパートナー女子の中には、 アルバイトの男子学生に卒業後、東京などに付いて行こう、追っかけて行く娘たちが居るのです。

「辞めなさい」とは、口が裂けても言えないのですが。。。。

過去、若い時に、2回も、「一緒に行こう」という言葉も言えず、彼女に辛い思いをさせた経験がある「クズ」男ですので、なぜか気になるのです。

今年、実の娘(長女)も卒業できて、就職が決まりました。

男の子より、「娘」を持つお父さんは「しやわせ」だな。。。と思います。
今日も、書店で、お父さんの腕を掴んで付いてゆく、女子中学生くらいの親子を見ると、自分もそんな時代があり懐かしく、「いいなー」と眺めてしまいました。

ですので、世のお父さんたちの様に「クラブ」や「キャバクラ」のお姉さん達ではなく、お店の売上げに、何の関係も無い、例えば、「スタバ」の娘たちと、札幌の街を一緒に歩いている時が、ちょっと気を使いますが、一番「しやわせ」です。

最後まで「お父さん」にこだわるのです。

それにしても、嶋田久作さん、いい仕事しているな。。。私も、すずちゃんと5秒で良いから、共演してみたいです。

最後に、犬のお父さんが「助けてやるか」と。。。。つぶやきます。

ソフトバンクはどうーでも良いのですが、このコマーシャル最高です。

it’s cool 


Sponsored Links




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください