Microsoftが、AndroidやiOS、Windows、Web、クラウドに向けた統合開発環境の最新版「Visual Studio 2019」の一般公開を開始

2019年4月2日、
Microsoftが、AndroidやiOS、Windows、Web、クラウドに向けた統合開発環境(IDE)の最新版「Visual Studio 2019」の一般公開を開始しました。

Visual Studio 2019

C++、Node.js、Python、R、.NET、JavaScript/TypeScriptなど、多様な言語やフレームワークが使用可能になっています。

VS 2019 3つのエディション
・VS Community 2019は無償。
・VS Professional 2019とVS Enterprise 2019は、ダウンロード可能な無料試用版もある。

新機能の詳細は、リリースノートを参照。

Visual Studio 2019 リリースノート
https://docs.microsoft.com/ja-jp/visualstudio/releases/2019/release-notes

・ダウンロード サイト
https://visualstudio.microsoft.com/ja/downloads/

関連記事
Microsoftの開発者向けイベントBuild 2017で、Microsoftが、Mac OS用の統合開発環境「Visual Studio 2017 for Mac」の一般提供を開始したり、Appleが「iTunes」をWindowsストアーアプリとして配信すると発表


Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする