ロジテックが、 内蔵SSD 480GB 変換キット「LMD-SSKU3」シリーズ(HDDケース・データ移行ソフト付)を発売

ロジテックが、 内蔵SSD 480GB 変換キット「LMD-SSKU3」シリーズ(HDDケース・データ移行ソフト付)を発売しました。

SSDの容量は、240GB、480GB、960GBの3種類です。

価格は、480GBで、11,480円(税込)です。

値段も、SSDは安くなっていて250GBで、6000円くらいで買えちゃいますが、ケース付きで480GBで1万円ちょっとしますが、決して高い値段ではないと思います。

このキットが、何が良いのかと云えば、

通常、ノートPCなどのストレージをHDDからSSDに換装する場合、まず、外付けのHDDを接続してクローンを作成して、SSDに入れる必要がありますが、付属の環境移行ソフト「HD 革命 Copy Drive Lite」をインストールしてから、HDDのドライブごとデータをコピーして、「SSD」入れ替えるだけの3ステップで簡単にSSDに換装できるのです。

余った、HDDは、USB接続の外部ストレージとして、ケースに入れて後で使い回しができますので、このようなSSDとケースと専用ソフトが有ると、しろうとでも簡単に、HDDからSSDの入替ができてしまいますので、グッと「換装」のハードルが低くなります。

HDDの中身が丸ごと、保存されますので、SSDにしてから、Windows側の再設定をする必要もなく、そのまま、電源を入れてすぐにパソコンを使えます。

LMD-SSKU3

注意事項
HDDの中身を丸ごとCOPYするには、専用のソフトが必要なのです(付属しています)。
C:ドライブを単純にSSDにコピーしても、Windowsは起動しませんので、そこは認識して下さい(単純にSSDにコピーしても、Windowsを起動する為のブート情報はコピーされないので無理なのです)。

・直販サイト
https://www.pro.logitec.co.jp/pro/g/gLMD-SS480KU3/

自分でキットも使わずに、実施するなら、下記の記事を参照です。

関連記事
WindowsのHDDやSSDの動作状況や健康状態をチェックできるフリーソフト「CrystalDiskInfo」Verv8.0.0がリリース

ハードディスク(HDD)を丸ごとバックアップできるフリーソフトとHDD、SSDについて

電机本舗が、ストレージをSSDに引越しする時に便利な2つの機能を追加した「SSD最適化設定」の最新版v3.2をリリース。

Windows Vista 7 8.xの起動ディスクにSSDを使用している場合の「最適化設定」方法

既存のOSを手軽に新しいSSD/HDDへ移せる「MiniTool Partition Wizard」の最新版v9.0をリリース


Sponsored Links




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください