Blender社が、オープンソースの3Dモデルを作成できる「Blender」の最新版v2.83を公開

2020年6月4日、
Blender社が、オープンソースの3Dモデルを作成できる「Blender」の最新版v2.83を公開しました。 

「Blender 2.83」は、機能やAPIはそのまま、今後2年間のメンテナンスが保証される、初めての長期サポート(LTS)版です。

Blender2.83

修正内容
・1,250以上の不具合が修正
・「OpenXR」による仮想現実(VR)がサポートされた
・「OpenVDB」ファイルのインポート
・「NVIDIA OptiX AI-Accelerated Denoiser」によるビューポートのノイズ除去
・物理演算に基づく「クロス(布)」ブラシも含まれています。

機能
・3Dモデリング作成。
・3Dレンダリング作成。
・3Dアニメーション作成。
・3Dゲーム作成。

対応OS
・Windows 7、8、10
・Mac, Linux, FreeBSD などで使用することができます。

・「Blender」 ダウンロード サイト :http://www.blender.org/
・「Blender」 日本語サイト :https://blender.jp/

関連記事
Blender社が、オープンソースの3Dモデルを作成できる「Blender」の最新版v2.8を公開

Blender社が、オープンソースの3Dモデルを作成できる「Blender」の最新版v2.79aを公開
Blender社が、オープンソースの3DCG制作ツール「Blender」の最新版v2.78を公開
機械、建築など、フリーの3次元CADソフト を多数紹介する「まとめ」

Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする