キヤノンが、ウェブカメラ対応ソフトウエア”EOS Webcam Utility”を公開

2020年9月28日、
キヤノンが、ウェブカメラ対応ソフトウエア「EOS Webcam Utility」を公開しました。 

2020年4月28日、
米キヤノンが、同社の一眼レフカメラなどをWebカメラ化するPC向けソフトウェア「EOS Webcam Utility Beta」を公開していましたが、やっと、日本でもリリースです。

EOS Webcam UtilityをインストールしたPCとUSBケーブルで接続する簡単な操作で、対応のカメラをWEBカメラとして活用できます。

EOS Webcam Utility

対応機種

EOS-1D X MARK III, EOS-1D X MARK II, EOS-1D X, EOS-1D C, EOS 5Ds R, EOS 5Ds, EOS 5D Mark IV, EOS 5D Mark III, EOS 6D MARK II, EOS 6D, EOS 7D Mark II, EOS 7D, EOS 90D, EOS 80D, EOS 9000D, EOS 70D, EOS 60D, EOS Kiss X10i, EOS Kiss X9i, EOS 8000D, EOS Kiss X8i, EOS Kiss X7i, EOS Kiss X5, EOS Kiss X10, EOS Kiss X9, EOS Kiss X7, EOS Kiss X90, EOS Kiss X80, EOS Kiss X70, EOS Kiss X50, EOS R5, EOS R6, EOS Ra, EOS R, EOS RP, EOS M6 Mark II, EOS Kiss M, EOS M200, PowerShot G5 X Mark II, PowerShot G7 X Mark III, Powershot SX70 HS

動作環境

対応OS Windows 10(32bit/64bit)
機種 上記OSがプリインストールされていて、USBポートが標準装備されていること
CPU Intel Pentium 1.6GHz以上
RAM 2GB以上
ディスプレイ 解像度:1024×768 ピクセル以上
色数:16ビットカラー以上

▮ソフトウエア EOS Webcam Utility(使用方法など) サイト
https://cweb.canon.jp/eos/software/ewu.html

▮EOS Webcam Utility 1.0 [Windows]  ダウンロード サイト
https://cweb.canon.jp/drv-upd/dc/ewuw100.html

関連記事
米キヤノンが、同社の一眼レフカメラなどをWebカメラ化するPC向けソフトウェア「EOS Webcam Utility Beta」を公開

パナソニックが、LUMIXシリーズのミラーレスカメラの動画をライブストリーミングに利用するためのPC用ソフト「LUMIX Tether for streaming」のベータ版を公開

お客様の会社で「Microsoft Teams」を使いオンライン会議を実施しましたが感想です。

Adobe、Google、Microsoft3社のiOS/Android向けの便利なスキャナーアプリを3本紹介します。

Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする