【面白記事】 ”携帯大手、料金値下げでも「乗り換え」は進まず? ユーザーの反応鈍く” です。

2021年2月14日、
本日の面白記事は、”携帯大手、料金値下げでも「乗り換え」は進まず? ユーザーの反応鈍く”です。

だいたい、ガラケーでさえ、使いこなせない奴らにまで、コンピューターを小さくしたスマホを持たせること自体、間違っているのです。 一生、ガラケーで十分でしょう。

いや、ガラケーさえ、もったいない。 一生、「糸」電話で十分だろう。

スマホなんて、3千年、早いのです。 百歩譲って、もったいないが、「ガラホ」で十分でしょう。こんな体たらくな、国民の為に安くさせたは良いが、オンライン契約で、やっぱり、移動もできないざまになっている。

予想通リで、これで良いんです。
安い所が、いくらでも有るのに、乗り換えられないのは、「自業自得」なので、いつまでも高い料金を払っていればいいのです。

市場シェア調査など、フィールドリサーチのソフトブレーン・フィールド株式会社(東京都港区)が「携帯電話の料金、携帯通信会社乗り換えなどの意識調査」を実施。2021年2月5日に発表した。

この調査結果は、まだ、携帯大手(キャリア3社)でのオンラインによる乗り換えがスタートしていませんが、予想通リでしょう。

リテラシーの低い、IT化社会から置いてきぼりを食らっているユーザーにとっては、いくら安くなっても、乗り換える事さえもできないのです。

対面で、全部やってくれない限り、乗り換える事すらできない「体たらく」なユーザーが、圧倒的多数を占めているのです。

だから、安くしても「公平な競争」にならないのです。 他社と横並びが一番なのです。

なぜ、安い方に乗り換えないのかの質問に

その理由を聞くと、37.5%のユーザーが「手続きが面倒」、32.1%が「今の会社で満足」と答えた。

まるで「イソップ物語」と同じで、自分でできないので、やせ我慢するしかないのです。

手続きが面倒ではなく、契約変更も、端末の設定変更も、他人に聞かないと、何一つ、できないのです。

総務省の「安くしろ圧力」に対する、キャリア3社の対応は、正解だったように思います。

なぜなら、リテラシーの低いユーザーで占められているので、「オンライン契約で安くしても、大量に流れてこないだろう」という思惑は当たりでした。

MVNO(格安SIM)に流れてこないのも、原因はほぼ同じでしたので、キャリアはしっかり、これを読んでいたのでしょう。

たかが、携帯電話の乗り換えもできない「体たらく」ユーザーは、このまま置いてきぼりを食らっていればいいだけです。

ただ、これから、店頭でも契約を受け付ける携帯会社でも、ワイモバイル、楽天など、どこまで、端末の設定変更まで、面倒見てくれるのかは不明ですが、これができる会社には、このどうしようもないユーザーを拾う、受け皿になり、どっと増えはしないが、ちょちょろと、乗り換えるユーザーを獲得するでしょう。

携帯電話の乗り換えもできない「体たらく」ユーザーを獲得したいなら、店頭で面倒を見ることのできる会社での契約は増えるでしょう。

同じ、店頭で手続きをできる会社でも、どこまで面倒を見てくれるかは、結構、まちまちで、楽天などは、端末の面倒までは見てくれません。

「ワイモバイル」などは、販売代理店にもよりますが、昔から面倒見の良い会社で、MVNOに乗り換えも自分ではできないユーザーは、ワイモバイルを勧められる場合が結構多いのです。

私も、メンドクサイ奴には、家電量販店のブースに入っているワイモバイルを、今でも勧めています。

逆に、
自分で乗り換えることのできた、楽天モバイル・Y!mobile・UQ mobileのユーザーは、オンライン契約で安く使えるキャリア3社に戻る割合が、多くなることも予想されます。

関連記事
【携帯料金値下げ問題】本当の問題は料金の値下げではなく、スマホさえも使いこなせない奴らの安い方へ移動できない体たらくだ。

【ニュース】楽天モバイルが、1月29日14時半から新料金の発表会を開催 どんな弾が出てくるか?

【ニュース】オプテージが、携帯電話サービスmineo(マイネオ)で、20ギガ1980円 の新料金プランを発表、2021年2月1日(月)より全面リニューアルすると発表しました。


Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする