音楽プレイヤーソフト「AIMP」の最新版Ver5.0が、Windows11対応になり6年ぶりに公開されました。

2021年10月15日、
音楽プレイヤーソフト「AIMP」の最新版Ver5.0が、Windows11対応になり6年ぶりに公開されました。

私の場合、一部、復活した「Winamp」と「AIMP」の2つを、音楽プレイヤーソフトとして使用しています。 長年、使用していますが、この2つがベストですね。

aimp

もう、素で使用するのは飽きましたので、上図の様に、必ず「スキン」を使用しています。

「素」ではなく、「Onkyo(オンキョウ)」のスキンを使い、Windows10のデスクトップで使用しています。 他にも、楽しいスキンが沢山ありますので、お好みで。

・オンキョウのスキン サイト:http://www.aimp.ru/?do=catalog&rec_id=812

機能追加
・スケジューラー機能が大幅に強化された。
・レイアウトを「クラシック」「標準」「モダン」の3種類から選べるようになった。
・ブックマーク機能の強化。
・Windows 11対応。

対応OS
Windows Vista / Windows 7 / Windows 8 (8.1) / Windows 10/ Windows 11

・AIMP ダウンロードサイト
http://www.aimp.ru/

関連記事
音楽プレイヤー「AIMP」 v4.50が公開 ~4Kモニターに対応

音楽プレイヤーソフト「AIMP」の最新版v4.02がリリース
音楽プレイヤーソフト「AIMP」の最新版v4.00が、リリースしました。

Sonyが、「Media Go」後継、ウォークマンやオーディオ機器向けのWindows用音楽ファイル管理/再生アプリ「Sony | Music Center for PC」の無料提供を開始したので、ダウンロードして使ってみましょう。
Sonyが、「Media Go」の後継として、ウォークマンやオーディオ機器向けのWindows用音楽ファイル管理/再生アプリ「Sony | Music Center for PC」を8月29日より無料提供すると発表

多機能ミュージックプレイヤー「MusicBee」です。

Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする