The Document Foundationが、オープンソースのオフィススイート最新版「LibreOffice」v5.1.4を公開しています。 v5.1の脆弱性が修正されていますので早めにアップデートです。

6月23日、
The Document Foundationが、オープンソースのオフィススイート最新版「LibreOffice」v5.1.4を公開していますが、v5.0.4の脆弱性が修正されていますので早めにアップデートです。


Sponsored Links




LibreOffice44_004

※「LibreOffice」v5.0.4の脆弱性について
リッチテキスト形式ドキュメントの処理に問題があり、解放後メモリ利用(Use-after-free)の脆弱性を抱えているという。最悪の場合、細工が施されたドキュメントを開くだけで任意のコードが実行されてしまう恐れがあリます。

・Fresh版「LibreOffice」v5.1.4 ダウンロード サイト
http://www.libreoffice.org/download/libreoffice-fresh/

関連記事
The Document Foundationが、オープンソースのオフィススイート最新版「LibreOffice」v5.1を公開
The Document Foundationが、無料のオフィススイート「LibreOffice 5.0」を正式公開
The Apache Software Foundationが、オープンソースのオフィススイート「Apache OpenOffice」v4.1.2を公開

無料(フリー)のオフィスソフトは、どれが使える?

Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です