Appleが、Siri搭載のMac向けの新OS「macOS Sierra」を無料アップデートとして提供開始

2016年9月21日、
Appleが、OS X  El Capitanの後継となる、Siri搭載のMac向けの新OS「macOS Sierra」を無料アップデートとして提供開始しました。

Appleは、Macのパソコンには、頭に「OS X」と呼ぶOSが搭載されてきましたが、今回から名称を「macOS」に変更しました。

目玉は、音声アシスタントの「Siri」がMacでも使えるようになったことです。

Sponsored Links




macos_sierra_002

新機能
・音声アシスタントの「Siri」がMacでも使えるようになった。
メッセージやメールを送信したり、書類を見つけたり、情報を探したり、フォトライブラリを検索したり、システム環境設定を調節したりと、様々な作業をしてくれます。

・ユニバーサルクリップボード。
デバイス間でコピー&ペーストが可能に。

・自動ロック解除
Apple Watchを身に付けていると、あなたのMacに自動的にログインできます

・デスクトップと「書類」フォルダのファイルをiCloudに自動保存する機能
Macのデスクトップ上にあるファイルに、あなたのiPhoneからアクセス可能に。

・最適化されたストレージ
Mac本体の空き領域に余裕がなくなってきた時に、あまり使わないファイルをクラウドに保管したり、使わなくなったアプリケーションやファイルを削除するように利用者に促すことで、本体ストレージの空き容量を増やします。Macの空き領域を簡単に確保します。

・アプリケーション内のタブ
マップ、Pages、Keynote、Numbersなどのアプリケーションで、タブを使って複数のウインドウを管理できます。

・ピクチャ・イン・ピクチャ(PinP)機能
SafariやiTunesのビデオウインドウを、作業しているデスクトップ上に浮いた状態で置いておけます。

・メッセージ アプリ
会話の中でウェブのコンテンツをプレビューしたり、ウェブのビデオを再生できます。
便利なTapbackを使って、メッセージにすばやく返信できます。

・写真 アプリ
新機能「メモリー」は、誕生会や家族旅行などのイベントを自動的にコレクションとして作成することが可能に。

対応OS
まずは、自分のMac君が、「Sierra」に対応するかを確認する。MacBook(Late 2009以降)

  • MacBook Pro(Mid 2010以降)
  • MacBook Air(Late 2010以降)
  • Mac mini(Mid 2010以降)
  • iMac(Late 2009以降)
  • Mac Pro(Mid 2010以降)

上記のMacモデルが、「macOS Sierra」に対応しています。
確認方法は、画面左上の「Appleメニュー」をクリックして、「このMacについて」を選択すると表示される画面で「Overviow」選択すると確認できます。

下記のMac App Storeにある「mac OS Sierra」のページより、無料でアップグレードが可能です。 ダウンロードサイズ:4.77GBです。

・Mac App Store ダウンロード サイト
https://itunes.apple.com/jp/app/macos-sierra/id1127487414?mt=12&l=ja-jp&ls=1


Sponsored Links











関連記事
iOS10で、ちょっと使いずらくなった「iPhone」の操作につて

Appleの発表会がありましたので、ちょっと、興味のある点だけ、まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です