Parallels社が、Mac上でWindows/Linuxなどを実行できる仮想化アプリ「Parallels Desktop Lite」の最新版v1.1.0を「Mac App Store」から無償で公開

2017年3月4日、
Parallels社が、Mac上でWindows/Linuxなどを実行できる仮想化アプリ「Parallels Desktop Lite」の最新版v1.1.0を「Mac App Store」から無償で公開しました。

Boot CampでWindowsをインストールして、MacBook Airで使用した経験はありますが、Linuxはまだ未経験です。

Mac上で、Linuxなら無償で、動作させることができますので、「Ubuntu」でも入れて試してみましょうか。

Sponsored Links





条件
Linux 仮想マシンをダウンロードして実行する – 無料
アプリ内からChrome OS、Ubuntu、Fedora、CentOS、DebianなどのOSをダウンロードして仮想マシンを作成することも可能です。

OS X 仮想マシンをインストールして実行する – 無料
動作可能:macOS Sierra 10.12、 El Capitan 10.11、 Yosemite 10.10、 Mavericks 10.9、 Mountain Lion 10.8、 Lion 10.7x

Windows 仮想マシンをインストールして実行する – アプリ内で購入が必要。
動作可能:Windows 10、8、7、Vista、XP

・Mac App Store サイト
https://itunes.apple.com/jp/app/parallels-desktop-lite/id1085114709?mt=12

関連記事
MacでWindowsアプリを動かす4つの方法について紹介します。

MacBook Airに、Boot Campを使って「Windows 10 」を入れてみる

Parallelsが、次期macOS Sierra対応のMacで再起動しなくてもWindowsが動作する「Parallels Desktop 12」を発表


Sponsored Links










コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*