Microsoftが、GPU性能と駆動時間を延ばした「Surface Book(パフォーマンスベース搭載モデル)」を発売

2017年3月30日、
Microsoftが、駆動時間を延ばした「Surface Book(パフォーマンスベース搭載モデル)」を4月20日より発売すると発表しました。 価格は285,800円(税別)より。

Appleの製品でいえば、「MacBook Pro」が、比較対象になるのでしょうか。。
今回のアップデートで、「MacBook Pro」の3倍のグラフィックス性能を誇ります。
Sponsored Links





<Surface Book の製品構成、および価格、発売日>

変更点
・グラフィック
キーボードドックに搭載する外部GPUをGeForce GTX 965M(2GB)に変更することで、処理能力を約2倍に向上。

・バッテリー
大容量バッテリを搭載して、駆動時間が約12時間から約16時間に。
これにより重量は、130gほど重くなっています。

・本体サイズおよび重量
キーボード装着時が約312.3×232.1×14.9~22.8mm(幅×奥行き×高さ)、約1,647g(GPU搭載モデル)

関連記事
Microsoft、iPad Proが完全な「コンピューター」だと主張するAppleをからかう。。記事が面白い。
Microsoft社が、「Surface Pro 4」と「Surface Book」を発表しましたが、「iPad Pro」に勝てない理由。
Microsoft社が、「Surface Pro 4」の日本市場投入を発表、何か大きく変わるような予感。

マウスコンピューターが、Windows 10搭載のタブレットPC 10.1型「MT-WN1001」と8.0型「WN802」の2機種を発売
レノボ・ジャパンが、着脱キーボード付きの10.1型WindowsタブレットPC「Lenovo MIIX 3」を発売
富士通が、12.5型の着脱式Windows10搭載タブレット「arrows Tab RH77/X」を発表

Sponsored Links










コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*