レノボ・ジャパンが、着脱キーボード付きの10.1型WindowsタブレットPC「Lenovo MIIX 3」を発売

5月22日、
レノボ・ジャパンが、着脱キーボード付きの10.1型WindowsタブレットPC「Lenovo MIIX 3」を発売しました。
店頭予想価格は59,500円(税別)前後。

MIIX 3は、MIIXシリーズ初の10.1型Windowsタブレットで、日本では発売されなかった先代 MIIX 2 10 の後継モデルで、キーボードドックを同梱し、「ノートブックPC」モード、「スタンド」モード、「タブレット」モードの3つの変形モードで使えます。

Windowsタブレットを1台欲しいと思うのですが、Microsoftの「Surface」が、余りにも高価なので、ASUSやレノボなどに、目が行ってしまいますが、CPUは、「Atom」、「Core M」、「Core i3、i5」と性能が違うのですが、値段も、「Atom」の上は5万円台では購入できません。 タブレットですが、Windowsが入っていますので、後から、重くなる様では困るし。。。。と考えてしまいます。

多分、iPadが有りますので、Windowsタブレットはタブレットとして使用しないし、もっぱら、マウスとキーボードが必要な入力作業しか使い道が有りません。 タブレット本体は約0.549kgで、キーボードドック装着時約 1.049kgになりますので、重さはまあまあです。

やはり、Windowsタブレットは、ある程度の性能の物を購入しようと思うと、まだまだ高価ですので、迷ってしまいますね。

Sponsored Links





<本体寸法>
256.8×172.1×9.3mm(タブレッド本体)、261.1×189.5x(9-19)mm(キーボードドック装着時)

<本体質量>
約0.549kg(タブレッド本体)、約 1.049kg(キーボードドック装着時)

スペック
・画面  :タッチ対応10.1型WUXGA(1,920×1,200ドット)IPS液晶ディスプレイ
・CPU  :Atom Z3735F(4コア、1.33GHz、ビデオ機能内蔵)
・メモリ :2GB、64GB eMMC
・OS   :Windows 8.1 Update(32bit版)
・Office   :Microsoft Office Home & Business 2013を搭載する。
・電池    :バッテリ駆動時間は約7.7時間(JEITA2.0)。

・無線LAN :2セルリチウムポリマー、IEEE 802.11b/g/n無線LAN、Bluetooth 4.0
・カメラ  :前面200万画素カメラ
・インターフェース:microSDカードスロット、Micro USB、Micro HDMI、マイク/ヘッドフォンコンボジャック
・センサー :加速度センサーを装備。
・キーボードドックにUSB 2.0×2を装備。

・Lenovo MIIX 3 サイト
http://shopap.lenovo.com/jp/tablets/lenovo/miix-series/miix3-10/

関連記事
ASUSが、着脱式キーボード搭載の12.5インチWindows 8.1タブレット「T300CHI-5Y71」を発売
Dell、Acer、ASUSの3メーカーが、国内の個人向けに「Chrome OS」搭載の「Chromebook」の販売を開始

Microsoft社が、 Surface シリーズの最新タブレット 「Surface 3」 を発表
Windows8、8.1タブレットの重いを解消して、高速化して使うには

MacBook Airに、Boot Campを使ってWindows 10 Technical Preview 版を入れてみる

Sponsored Links





コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*