各社、躍起になっているが、こんな、格安SIMと格安スマホ。。。ないの?

こんな、格安SIMと格安スマホ。。。ないの?

ガラケーからスマートフォンに移行させようと、各社、躍起になっているが、「こんな格安SIMと格安スマホ。。。ないの?」です。

Sponsored Links




ガラケーのユーザーを周りでいつも、見ていて思うのですが、彼らは、インターネットの世界なんて、全く、関心も無く、使える事を望んでいませんと云うより、拒否しています。

ただ、通話ができれば良いんです。 できれば、メールも受信するだけで、自分で送信なんてしません。

他に、何も有りません。 ただ、これだけです。 家電話の様に、ただ有るだけで、自分に役に立っているのではなく、他の人が、困らないように所有しているだけです。

この様な人達に、どんな商品を売ろうとしているか? と云うと。。。。。

・データ通信専用 SIM
・SMS付のデータ通信 SIM
・音声通話とSMS付のデータ通信 SIM

この3パターンしかない。

これは、全然、勘違いの「商品構成」でしょう。だって、「通話」機能以外使わないんだから!!!

「音声通話専用 SIM」。。。。。。これでいいんです。 これ以上、必要ないんだから。。。。

サービス内容は、月に2時間くらい通話ができて、1,000円位のSIMで、十分です。

データ通信なんか、WiFiで繋がれば、十分です。
スマホのアプリなんか、ほぼ、更新せずにデフォルトで数個、画面に一生張り付いていればいいだけのアプリで十分です。

これから、各社、VOLTEが、本格化すれば、音声回線もデータ通信回線も、一緒のパケットでデータを送受信できるから、「動画」を観る為のデータ通信量から比べれば、「音声通話」のデータトラフィックなんて、屁みたいな量です。

「音声」と「データ」を分けて、料金を取ること自体、意味が無くなる、本当は、一括で何GBまでで十分でしょう。

「ガラホ」と云う、ガラケーの形をした、スマホをauがリリースしましたが、カガケーに感想を聞いてみましたが、関心は有るが、やっぱり、スマホなんでしょう? と言って二の足を踏んでいます。

そうではなく、一番、良いのは、スマホの形をした、通話のみの「ガラケー」が一番、安心できると思います。
何故かって、難しい事を覚える必要もないし、データ通信で使用するアプリも使わなくても良くなるので、安心なんです。
必要な機能「通話機能」しか、付いていないんですから。。。。

名称は、スマホの形をした「ガラケー」で、「スマガラ」なんて、どうでしょう?

今年は、国内では、MVNOの世界に郵便局が参入してくる噂も有ります。
更に、米国では、Googleが、いよいよ、MVNOに参入です。国内にGoogleが参入するより、郵便局の参入の方が脅威に思いますが。

日本のMVNOの業者も、もたもたしている暇は有りません。 ユーザーを根こそぎ、持って行かれる前に、ネットを使いこなせない、ユーザーの事をもう少し考えて商売しないと、まだ、ガラケーユーザーは全体の半分くらい居るでしょう。

関連記事
NTTレゾナントが、SIMフリーのスマホ「Polaroid pigu」と「OCN モバイル ONE音声対応SIM」のセットを「goo Simseller」にて4,980円(税込)で販売開始
クロスリンクマーケティングは、3.5インチの小型スマホ『Polaroid pigu』を9,601円(税込)で2015年1月末に発売すると発表

「KDDIバリューイネイブラー」が、12月18日からauの「4G LTE」ネットワークをMVNOで用いる格安の新サービス「UQ mobile」の提供を開始

スマートフォンの出現によって浮かび上がる「不都合な真実」について
格安SIM、格安スマホって、結局、誰に使ってもらいたいの?、誰に売りたいの?
「SIMフリー義務化」でも、MVNOの格安SIM、スマホが流行らない理由4つ


Sponsored Links