楽天の子会社「Rakuten Kobo」が、電子書籍端末の新機種「Kobo Aura H2O Edition 2」と「Kobo Aura Edition 2」を5月23日に国内販売すると発表

楽天の子会社「Rakuten Kobo」が、電子書籍端末の新機種「Kobo Aura H2O Edition 2」と「Kobo Aura Edition 2」を5月23日(火)に国内販売すると発表しました。

そろそろ、「Inkディスプレイ」搭載の電子書籍端末を使ってみたいのだが。。

なぜなら、iPadでは、自分で、500ページくらいの書籍をばらして、PDFに変換して、数冊読んでいるのですが、iPadなどの液晶画面では明るすぎて、かといって暗くすると読みにくいと云う状態になり、せっかく書籍を読んでも、目に入る刺激が強すぎて、書籍の内容がさっぱり入ってこないような感じがします。ですので、現在は、一切、自炊することは止めて、紙の書籍で読んでいます。

読みたい書籍を電子書籍端末に入れておけば、カバンの中にいつでも入れておけますので、いつでも好きな時に読めますし、参照することもできますので、大変、魅力が有ります。

そんな意味において、「Inkディスプレイ」搭載の電子書籍端末だけは、試していないので、そろそろ使って試してみたいのですが、読みたい書籍は、自然科学系の新刊図書が殆どですので、まず、電子書籍化されていません。

楽天koboの場合、端末に自炊でいれる場合、画像ファイルに変換して、バッチファイルを実行する必要があるらしいのです(やはり、せこく、自炊は受け付けないように作られている)。

たくさん売れない本も、ちゃんと、電子書籍してくれると嬉しいのですが、売れる本が優先されてしまうのは致し方ないのでしょうか。。。。

Sponsored Links




1.「Kobo Aura H2O Edition 2

防水機能「HZO Protection」と、ブルーライトの放出量を自動的に調節するフロントライト技術「ComfortLight PRO」を新たに搭載、内蔵メモリは8GB。

2.「Kobo Aura Edition 2

防水ではありません。内蔵メモリは4GB

・楽天ブックス
http://books.rakuten.co.jp/e-book/

関連記事
Amazonが、新型電子書籍リーダー「Kindle Oasis」を発表。
Rakuten Kobo、7.8インチ、フラットスクリーンで防水機能を備えた電子書籍リーダー「Kobo Aura ONE」を発表
楽天Koboが、防水防塵対応の電子書籍リーダー「Kobo Aura H2O」を国内販売を開始

Amazonが、Windows PC上でKindle本を読むことができる無料アプリケーション「Kindle for PC」をリリース
アマゾンジャパンは、月額980円(税込)の電子書籍の読み放題サービス「Kindle Unlimited」の国内提供を開始

トゥ・ディファクトが、オンライン書店「honto」の電子書籍を閲覧するためのアプリ「hontoビューアアプリ」で、新たにMac版の提供を開始


Sponsored Links









コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*