Amazonが、フロントライトを初搭載した電子書籍リーダー新「Kindle」を発表しました。

2019年3月20日、
Amazonが、フロントライトを初搭載した電子書籍リーダー新Kindle」を発表しました。
出荷開始は4月10日。

価格は広告つきモデルが8,980円、広告なしモデルが10,980円。

Kindleは、E Ink電子ペーパー搭載の電子書籍端末です。

今回でシリーズ第10世代目となるそうです。

従来モデルでは、フロントライトを4個のLEDを搭載していた「Kindle Paperwhite」に搭載していたが、同じく4個のLEDを搭載し、画面の明るさを調節できるようになったことで、夜の室内でも、日差しがまぶしい屋外でも快適に読書を楽しめるとしている。

Amazonの電子書籍リーダー「Kindle」を一度使用してみたいと思うのですが、なかなか手が出ません。以前、「iPad」で400ページほどの書籍を「自炊」で作って読んだ経験がありますが、長時間、読むと目が疲れ、頭の中に書籍の内容が何も残らない。。。という経験をしていますので、この「E Ink電子ペーパー搭載」のキンドルで試してみたいと考えています。

Kindle 電子書籍リーダー Wi-Fi 4GB ホワイト (Newモデル)

本体サイズ:113×160×8.7mm、重量:174g。

スペック
・ディスプレイ  :16階調グレースケール
・解像度     :167ppiの6型E Inkディスプレイ(6インチ反射抑制スクリーン
・メモリ     :4GBを搭載
・バッテリ駆動時間:数週間、USB 2.0(充電用)
・無線LAN    :IEEE 802.11g

Kindle Paperwhite 電子書籍リーダー 防水機能搭載 Wi-Fi 32GB

関連記事
Amazonが、Kindle電子書籍リーダー初の防水機能が搭載された7インチ最上位機種「Kindle Oasis」の新モデルを発表

Amazonが、タブレットの新型「Amazon Fire 7」と「Amazon Fire HD 8」を、6月7日に発売することを発表

Amazonが、新型電子書籍リーダー「Kindle Oasis」を発表。

「楽天Kobo」が、新型電子書籍リーダー 「Kobo Clara HD」の予約受付を開始したと発表
楽天 Koboが、容量32GBの7.8型防水電子書籍端末「Kobo Aura ONE コミックEdition」を12月6日に発売すると発表
楽天の子会社「Rakuten Kobo」が、電子書籍端末の新機種「Kobo Aura H2O Edition 2」と「Kobo Aura Edition 2」を5月23日に国内販売すると発表


Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする