Appleが、「macOS Sierra 10.12.5」、「Safari 10.1.1」、「iTunes 12.6.1」、「iOS 10.3」、「WatchOS 3.2.2」、「tvOS 12.2.1」を公開

2017年5月16日、
Appleが、「macOS Sierra 10.12.5」、「Safari 10.1.1」、「iTunes 12.6.1」、「iOS 10.3」、「WatchOS 3.2.2」、「tvOS 12.2.1」、Windows版の「iTunes 12.6.1 for Windows」と「iCloud for Windows 6.2.1」を公開しました。

今回のアップデートは、セキュリティ関連の修正がメインで、余り新しい処はありませんが、「macOS Sierra 10.12.5」では、「Boot Camp」を利用した「Windows 10 Creators Update」のメディアフリーインストールがサポート一番いいですね。

Sponsored Links




1.「macOS Sierra 10.12.5」、「Safari 10.1.1」、「iTunes 12.6.1」

・「macOS Sierra 10.12.5」では、「Boot Camp」を利用した「Windows 10 Creators Update」のメディアフリーインストールがサポートされています。

・USBヘッドフォンで再生する際にオーディオが途切れることがある問題が修正。

・37件の脆弱性を修正。

2.「iOS 10.3」、「WatchOS 3.2.2」、「tvOS 12.2.1」

「iOS 10.3.2」
セキュリティ関連の改善とバグフィックス程度です。内訳は、WebKitの脆弱性22件を含む計41件の脆弱性が修正されています。

iOS 10.3.2対象端末は、iPhone 5以降、iPad第4世代以降、iPod touch第6世代以降が対象。

「watchOS 3.2.2」:WebKitの脆弱性1件を含む12件の脆弱性を修正。

「tvOS 10.2」   :WebKitの脆弱性11件を含む23件の脆弱性を修正。

3.Windows版「iTunes 12.6.1 for Windows」「iCloud for Windows 6.2.1」

両方とも、「WebKit」に存在したメモリ破損の脆弱性が修正された。

いやーもう、沢山あるので大変です。
とりあえず、「MacBook Air」と「iPhone 6 Plus」は、スタバに寄ったついでにアップデートです。 スタバのWiFiはスピードが速いにですぐに終了します。

Windows版は、デスクトップPCですので、これからぼちぼちですね。

追記> 2017年5月
2017年6月15日以降、Apple純正でないサードパーティ製アプリ(Microsoft Outlook、Mozilla Thunderbird、Apple製でないメール、連絡先、カレンダーのサービス)などからiCloudデータにアクセスする際、2ファクタ認証が必須となりますので注意が必要です。

2ファクタ認証をオンにすると、Apple IDを使ってログインする際に、通常のパスワードに加えて指定の端末に送られた確認コードを入力する必要があります。

Sponsored Links










コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*