Adobeが、iOS/Android対応のドキュメントスキャナーアプリ「Adobe Scan」をニューリリース

2017年6月1日、
Adobeが、iOS/Android対応のドキュメントスキャナーアプリ「Adobe Scan」をニューリリースしました。

スマホ、タブレットなどのモバイル端末のカメラ機能で、ドキュメントスキャナーとして利用するアプリです。カメラで撮影したレシート、メモ、写真、ドキュメント、名刺、ホワイトボードなどをPDFに変換できます。

Sponsored Links





Googleの「PhotoScan」、Microsoftの「Office Lens」と各社、同じような機能を有したアプリを既にリリースしています。

Office Lens」などは、アカウントを登録しなくても、手軽にすぐに使えるのですが、Adobeの場合は、Adobe IDを登録しないと使えません。そこがちょっと残念ですが。。。

機能
アドビのドキュメントサービスと連携
Adobe Scanアプリおよび無償のAdobe Document Cloudアカウントを使用すると、スキャンしたファイルをオンライン上に自動的にアップロードして、保存、共有、アクセスすることが可能になります。

OCR(光学式文字認識)機能が内蔵
紙のテキストや書類を撮影すると、文字を自動的に認識し、Acrobat Reader DCまたはAcrobat DCで選択、コピー、注釈の追加が可能なデジタルテキストに変換します。これにより、Adobe PDFで検索および編集可能なデータになります。

Adobe Senseiのインテリジェントサービスを搭載したAdobe Scan
ドキュメントを取り込む際に行われるエッジ検出や切り抜き、歪み補正、オートクリーニング、影の除去といった処理も自動的に行います。

追記> 2017年6月10日
Adobeが、スキャナーアプリ「Adobe Scan」の使い方を解説した記事が公開中です。
https://blogs.adobe.com/documentcloudjapan/how-to-use-adobe-scan/

・「Adobe Scan」 Adobeのサイト
https://acrobat.adobe.com/us/en/acrobat/mobile-app/scan-documents.html

・「Adobe Scan」 Apple iTunesサイト
https://itunes.apple.com/app/adobe-scan-pdf-scanner-documents-receipts/id1199564834?mt=8

関連記事
Microsoft社が、スキャナーアプリ「Office Lens」をiOSとAndroid OS向けに無償公開
Googleが、フォトスキャンアプリ「PhotoScan(フォトスキャン)」をリリース

Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*