ANA(全日空)が、国内線の「機内Wi-Fiインターネット」を無料化すると発表

2017年12月20日、
ANA(全日空)が、国内線の「機内Wi-Fiインターネット」を無料化すると発表しました。
実施は2018年4月1日(日)から。

先日、東京出張で、JALの機内で、無料機内Wi-Fiでインターネットを使いましたが、便利で良いですね。

国内線旅客機の無料機内Wi-Fiインターネットは、2017年6月、JAL(日本航空)が、ついに期限なしで無料提供すると発表しましたので、ANA(全日空)も横並びするしかないでしょうね。

Sponsored Links





サービス計画
2018年4月1日(日)から、機内Wi-Fiサービスで無料提供しているニュースやスポーツ、ドラマやアニメなどのコンテンツをさらに充実させ、100コンテンツ以上にするそうです。

・ANAによると、国内線のWi-Fiサービス提供機材を引き続き拡大し、2018年度末までに国内最大規模の約100機で使用可能にする予定です。
・国内線の主力機であるB777、B787型機へのシートモニター、USB充電ポート、パソコン電源の装着を2019年度下期以降、順次展開していく計画だそうです。

対象機種
・機内入り口に「ANA WiFi Service」のマークが表示されている便の全クラスで使用できます(B777、B787、B767、B737-800、A321型機が対象)。
(B737-500、B737-700、A320、DHC8-Q400型機、国際線機材で運航される便は対象外)

・ANA サイト
https://www.ana.co.jp/ja/jp/domestic/departure/inflight/wifi-promotions/


Sponsored Links




関連記事
乗り物(飛行機、船、列車)の公衆無線LANサービスについて

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.