重いと言って、「Windows Vista」を再インストール(初期化)する前に検討してみる必要のある事 2つ。


Sponsored Links




2.重いを解決する方法 2つ

ただ、再インストールしても、また、重くなり、何の解決策になりません。
お金を全くかけたくないのであれば、1)を参考にして、作業してみて下さい。

1)設定変更とメンテナンスで、重いをある程度解消する方法

重くなる要因として、ちゃんとメンテナンスせずに使用して、時間が経つとまた、同じように重くなってしまいますし、バックグラウンドで動作する処理などを止めないと、特に性能の低いパソコンの場合、「重い」を絶対に解消できません。

特に、Vistaの場合、「新しい機能」と「スペック」にちょっと問題が有りますので、同じことの繰り返しになる事が多々ありますので、再インストールなどは、「時間の無駄」の場合もあります。

再インストールする前に、重い要因を突き止めて、ある程度「重いを解消」できるかどうか、試すのなら下記の記事を参照してください。 これである程度、改善すれば、面倒な「再インストール」作業をせずに済みます。

特に、Vistaの場合は、「重い」と云う原因が多々ありますので、再インストールを決断する前に参考にして下さい。
どんな場合に再インストールする必要があるのか、どんな場合、再インストールしても無駄か、について記載します。
 

再インストールしないで済ませる場合は、是非、下記の1回から4回までの記事を読んで、設定変更とメンテナンス作業の参考にしてみて下さい。
保証はしませんが、Windows OSの勉強にもなりますし、これから長く、パソコンとお付き合いする方でしたら、損は無いと思います。

-–関連記事–-
Windows 10を無料で使用する簡単な方法

第1回 Windows Vistaが重いので、何とかならないか?
第2回 Windows Vistaが重い ハード的な要因についての対策方法
第3回 Windows Vistaが重い :OS、アプリケーション的な要因について
第4回 Vistaに限りませんが、ちゃんと「メンテナンス」をしていないのも、重くなる大きな原因の1つです。

2)確実ですが、お金がかかる方法。

(1)OSを入れ替えること。

なぜなら簡単だからです(と言ってもインストール作業は発生しますが)。

ただ、1つ目にするか、2つ目にするか、判断が付かない場合が有ります。
そう、多分、自分のパソコンの性能が、どの位か、認識できていない方が多いので。。

下記の記事を参考にしてみて下さい。
関連記事
6年前のWindows Vistaパソコンに、Windows 7を入れて重いを解消できるか?(2014年12月)

記事中の「Windows Vista」のエクスペリエンスインデックス値3.2でした。
測定するには、「コントロールパネル」の「システム」の画面より、「Windows エクスペリエンス インデックス」画面を表示できますので、必ずチェックです。

これより、性能の低いパソコンですと、OSをWindows 7、10に変えても無理でしょう。
元々、パソコンの性能が低いので、パソコンを買い替えるか、2つ目の方法でだましだまし使うしか有りません。

OSを「Windows 10」に入れ替えてしまう!!

根本的に問題を解決したいと思い、Vistaを再インストールする「勇気」と「暇」が有るなら、さっさと「Windows 10」を買ってきて、インストールした方が、多くの問題を解決できると思います。

なぜなら、「Windows 7」以降で、Vista特有の症状が改善されているからです。
「Windows 7」が販売されていれば良いのですが、今は、「Windows 10」の時代ですですので「Windows 7」を今更入れるより、「Windows 10」でしょう。

こ れは、私の経験ですが、昔、Windows 7がリリースする直前、ノートPCの購入を頼まれてたのですが、Vistaのパソコンを購入する時に、ある程度、性能の高いマシンをお勧めしました。 数 年後、「Vistaは、もうダメだ」などと言い出したので、「Windows7」を勧めて、インストールしたのですが、それ以来、一切、文句が出なくなり ました。 「固まることもないし、良いよ」でした。。。。。

このように、Vistaの場合、ある程度の性能があれば、Windows 7以降、Windows10などに入れ替えても、問題なく、サクサク動くのです。

特に、「Windows 8」以降は、性能の低いCPUを装備した「タブレット」でも動く様に作られたOSですので、OSをアップグレードしても、大体、動くのです。

「Windows Vista」の延長サポート期限は、2017年4月11日までですので、あと2年、まだまだ使用できます。ただ、対策を施して、ある程度、ちゃんと動くパ ソコンなら、「Windows 7」にOSを入れ替えた方が、Vistaより軽いですので、生産性は確実に上がると思います。

各OSのサポート期限
Windows Vista   :延長サポート 終了日 2017年4月11日

・Windows 7    :延長サポート 終了日 2020年1月14日
・Windows 8    :延長サポート 終了日 2023年1月10日
・Windows 10    :延長サポート 終了日 2025年

Windows 10 2015年秋以降にリリース予定。
しかも、Windows 7、8から無償アップグレード可能予定です。

こ のメンドクサイ、「Windows Vista」をだましだまし、使うより、「Windows 7、10」にした方が、OSの購入費用(DSP版)12,000円強ほど必要ですが、Vistaの再イストールの手間や調整の時間を考えたら、 Windows 7、8、10に入れ替えた方が、「百倍」良いのではと思います。

不都合な真実をはっきり言えば。。
ここで、金を「ケチ」る人の気持ちがよくわかりません?
もしかして、たいして使用していないんではないですか? Windowsなんか止めて、タブレットにでもしたらどうでしょう。。。。。簡単ですよ。

あと考えられるとしたら、Windowsパソコンを何年も使用しているなら、OSの入れ替えぐらい自分で、できないでどうするんですか? 自分の使用してい る商品を何年経っても分からない!分らない!と言って「怠けている」暇があるなら、ちゃんと調べましょう。 いつまでたっても同じです。 Googleさ んの検索エンジンで探してみて下さい。

尚、DSP版を購入して、Windows7にするのでしたら、クリーンインストール(HDDを一旦初期化してインストール)とアップグレードインストール(上書きインストール)の2種類から選択できます。
クリーンインストールするのは、バックアップを取ったりと面倒ですが、アップグレードインストールだと、ほぼそのまま、設定変更する程度で使用できますので、楽ちんですよ。

関連記事
Microsoft社が、PC版「Windows 10 Insider Preview」Build 15002のISOイメージファイルをリリースしたニュースとWindows Vistaのサポート期限について
Windows 10を無料で使用する簡単な方法

6年前のWindows Vistaパソコンに、Windows 7を入れて重いを解消できるか?(2014年12月)
PCの入れ替えではなく、Windows OSを入れ替えで失敗しない方法(2014年11月)

(2)メインメモリを2GBから4GBに増設すること。

大抵は、2GB位しか積んでいませんので、4GBくらいに増設(入れ替え)します。

OSを入れ替えても、入れ替えなくても、実施すると効果はあります。
補足説明
OSには、32Bitと64Bit版の二種類が有ります。
32Bit版の場合、3.4GB位しか、メモリ空間を認識できませんので、まあ4GB以上搭載しても意味が有りません。64Bit版でしたら、多くてもあまり意味の無い場合もありますが16GB積んでも問題ありません。

(3)ストレージ(HDD)をSSDにすること

この方法も、OSを入れ替えても、入れ替えなくても、実施すると効果はあります。

重いを解消する為の方法が、もう一つあるとすれば、ストレージ(HDD)をSSDにすることです。 使用時間にもよりますが、現在使用しているHDDも6年以上使用していれば、いつ壊れるかも保証できない状態に来ていますので、消耗品のストーレジをSSDにすると、読み書きが圧倒的に速くなりますので、効果はあると思います。「Windows7」、又は「Windows10」の入れ替えとセットで「SSD」にすると、効果は大きいですよ。 Windows7、10とSSDで、予算は自分でやれば、2万6千円くらいから可能です。

 

次のページは、どうしても、「Windows Vista」を再インストールする為の手順 まとめ


Sponsored Links










コメント

  1. Tatsuo Akachi より:

    window vista home premiumからwindow10に変更するため
    microsoft window 10 home premium 64bit BSP版を購入して
    osの変更を試みましたが
    ‘E:\は有効なwin32アプリケーションではありません‘という
    表示が出てきてしまいます。
    これは何が原因なのでしょうか。このメイルのコンピューターは
    window10ですが、問題のvistaは2台目のものです。
    お教えいただければ幸いです。
    赤地

    • GT より:

      赤地様 

      コメントありがとうございます。

      GTです。

      ちょっと、考えてみましたが、 Windows10のDSP版をどのように起動させようとしましたか?

      DSP版をDVD装置に格納して、電源を投入しましたか?

      もしそうだとしたら、電源を入れると、通常、格納されているOSをDVD装置、HDDと探しにゆきます。
      そして見つけると、それを起動しに行きます。

      しかし、その順番が、狂っていると、E:って、どのドライブかわかりませんが、そこにOSがないのでエラーになるのでは。。と思います。

      確認方法としては、
      パソコンの電源を入れて、すぐに、F10、F11キー(パソコンによって違うのですが)を押して、BIOSの設定画面を表示して、
      最初に、OSを起動をかけに行く装置が、DVD装置になっているか、HDDになっているか、設定を確認してください。

      もし、なっていなければ、DVD装置を一番にして、再起動すれば、DVD装置に入れたWindows10のインストールが始まると思います。

      今のところ、考えられる方法ですので、「起動」順をチェックして、試してみてください。

      以上です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*