PCの入れ替えではなく、Windows OSを入れ替えで失敗しない方法

2014年4月で「Windows XP」のサポートは、とっくに切れてしまいましたが、まだ、金銭的な理由などで、未だに「Windows XP」を使用している方が、大勢居ます。 しかも、スタンドアロン状態で使用するのではなく、平気で、ローカルエリアネットワーク(LAN)内で、Windows 7や8と共有して、危ない状態で使用されています。

そして、「Windows Vista」の重いも、手間をかければ少し解消する場合もありますが、性能によっては、なかなか解消しません。

そこで、現状のパソコンに入っているOSを乗り換える時に、どんな選択肢があり、失敗しない方法を検討します。

– 全 体 目 次 –
1.まずは、各OSのサポート期限について

2.「Windows XP」の場合
1)金をかけないのなら、無償のLinuxのデストリビューションOSを使う。
2)金をかけるのならパソコン本体内の一部パーツを性能の良い物に入れ替える。
3)LANケーブルを外して、そのまま使い続ける。

3.Windows Vistaから、 7または、8、8.1、10に変更する場合
1)Windows Vista、7、8のハード的な必要スペックについて
2)パソコン本体内の一部パーツを性能の良い物に入れ替える。

4.Windows  7又は、8.1から、Windows 10に変更する場合

5.どうですか? ちょっとは「OSの入れ替えを決める」ための材料になりましたでしょうか?


Sponsored Links




1.まずは、各OSのサポート期限について

Windows 各OSのサポート期限
・ Vista    :延長サポート 終了日 2017年4月11日
・ 7   :延長サポート 終了日 2020年1月14日
・ 8   :延長サポート 終了日 2023年1月10日
10   :延長サポート 終了日 2025年?

期限まで、Vistaで1年、7で4年、8で7年です。 終了日は、すぐ、来てしまいます。

次期Windowsは、9を飛ばして、次期Windowsは、「Windows 10」になりますが、Windows8.1を使用していれば、安くなるか、無償になり、タダで入れ替えれます。 Windows 7、8.1を使用していれば、2016年7月28日まですが、無償で、「Windows 10」を入手できます。

AppleのMac OSXは、「マーベリック」から無償になり、現在のOS「Yosemite」、「El Capitan」も、もちろん無償で提供されています。

OSの入れ替えに、金掛かるの? 。。。の時代に入っています。

私は、「マーベリック」の「MacBook Air」を購入して、今も使用していますが、OSのアップグレードにお金はかかっていません。

Macに「Windows10」も入っていますが、「Windows 10 Insider Preview」版を使用していますので、これもお金が、一銭もかかっていません。

2.「Windows XP」の場合

「Windows XP」に、WindowsVista、 7、8.1を入れるのは、よほど性能の良いパソコン以外は諦めて下さい。

無理です。パソコンが重すぎて、ちゃんと動きません。

どうしても、パソコンを捨てないで、うまく使う方法を記載します。

ただ、努力しないと、無理でしょう。 方法は3つあります。

1)金をかけないのなら、無償のLinuxのデストリビューションOSを使う。

どうしても、今のパソコンを使用するしかない場合は、「Linux」のデストリビューションOSです。

ブラウザでインターネットの閲覧程度しか、パソコンを使いこなせないユーザーなら、これで十分でしょうが、パソコンを使いこなせないユーザーが「Linux」のデストリビューションをインストールできるかと云う大きな問題も有りますが。。。まあ、努力次第でしょう。不可能では決して有りません。

「Windows XP」で動いていたPCに、LinuxのデストリビューションOSを入れても、よっぽど性能の低いパソコンでなければ、ちゃんと動きます。 インストールもそんなに難しくありません。 Officeソフトも無料のが有りますし、ブラウザもメールも使えますので、全然心配有りません。

お金の無い方、PCにお金をかける価値が無いとお考えの方は、あきらめるか、実施するか、判断して下さい。

・初めてLinuxを利用する方にお勧めは、「
KNOPPIX」です。
以前は、「KNOPPIX」日本語版のサイトが有りましたが、言語対応が取れましたので、日本語サイトは、閉鎖されましてので、本家サイトよりダウンロードして下さい。

http://www.knopper.net/knoppix/knoppix60-en.html

他にも、UbuntuFedoraなども有りますが、日本語対応になっているデストリビューションを選択すると良いと思います。

・Ubuntuのダウンロード。 : http://www.ubuntulinux.jp/
・Fedoraのダウンロード。 : http://fedoraproject.org/get-fedora.html

2)金をかけるのならパソコン本体内の一部パーツを性能の良い物に入れ替える。

この方法は、マシンごと入れ替える方法より、数万円安くできる場合があります。
ただ、難しい作業ではありませんが、部品の入れ替え作業が必要ですので、ちょっと手間がかかります。それなりに、知識も必要になりますので、いい勉強になりますよ!!

デスクトップマシンの例ですが、CPU、マザーボード、メインメモリなどの部品を入れ替えます。 左記の3点セットで3万円位で、揃えることができます。「ツクモ電気」など、パソコンの部品(パーツ)を販売しているショップで相談すると、親切に相談に乗ってくれます。

3)LANケーブルを外して、そのまま使い続ける。

ネットに接続していなければ、「Windows XP」は、3億年でも使い続けても大丈夫です。要は、スタンドアロン状態で使用する。

スタンドアロン状態とは、ネットワーク接続しないと云う事です。

もっと分かり易く云えば、「他の人に迷惑がかかるから、ネットに繋ぐな!!」と云う事です。グダグダのパソコンにウイルスを仕掛けて、踏み台にして、他のパソコン、サーバーに攻撃を仕掛けてくるのです。

簡単です。無線LAN機能をOFFにするか、又は、有線LANの場合は、LANケーブルをハサミでチョキンときればいいだけです。

大前提条件: インターネット接続を絶対しない。

有線LANルーターなどを利用して、ローカルエリアネットワークに接続して、他のWindows 7などと、ファイル共有などは、絶対にダメです。

XPでネットを見ていなくても、ネットに接続されているのと同じことです。結構、勘違いされている方が多いのですが、LANケーブルで繋がれていれば、ネットに繋がっていますので。。。

ですので、XPのPCから、「LANケーブル」や「無線LAN子機」を外さないと意味が有りません。

なぜなら、ネットに繋がっていないからです。 ネットに繋がっていないと、ネットから攻撃できないからです。

「ネットに繋がらなければ、使えないじゃん!!」。。。。そういう事です。

そのかわり、3億年でも使い続けても大丈夫です。。。。

次のページは、3.Windows Vistaから、 7または、8、8.1、10に変更する場合


Sponsored Links




コメント

  1. 大沼 亮 より:

    こんにちは。
    こちらのサイトの内容を活用しました。
    ありがとうございます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です