NTTレゾナントが、「goo」ブランドを冠したZTE製のAndroid 5.0搭載スマートフォン3機種を販売

2015年4月22日、
NTTレゾナントが、「goo」ブランドを冠したZTE製のAndroid 5.0搭載スマートフォン3機種を販売します。

値段の付け方が、1万円、2万円、3万円(SIMパッケージ代金込の一括支払いの場合の値段です)と3種類で、分かり易くて!良いですね。 SIMカードは、OCNモバイルONEです。

スマホ初心者ユーザーを意識して、頑張っていますが、如何せん、このレベルのユーザーはネット上から、契約するのは、ハードルが高すぎて、「ど、ど、どーすればいいの?」状態ですので。。。リアルの店舗で扱わないと、ちょっと難しいような気もします。

音声対応SIMで月額1600円から料金コースが有り、価格は各々業界最安値水準で提供していて、通話をあまりしない、データ通信も使わない方なら、1万円!!!で端末が手に入りますので、キャリアと契約して、高い料金を「ドブ」に捨てるよりは、絶対にお得だと思うのですが。。。どうでしょう?。

Webサービスにすらたどり着けないユーザーが大勢いる中で、リアル店舗無しで。。。ちょっと心配ですね。
Sponsored Links





1.「gooのスマホ」

1)g01(グーマルイチ)

販売価格:10,000円(税抜) ※Android L搭載スマートフォン業界最安値
低価格でスマートフォンデビューに最適、サポートもあって安心です。

2)g02(グーマルニ)

販売価格:20,000円(税抜)
昨年goo Simseller人気No.1端末が、パワーアップ

3)g03(グーマルサン): 

販売価格:30,000円(税抜)
オクタコア搭載スマートフォンで業界最安値

スペック比較表

gooのスマホ
g01 g02 g03
端末名 g01(ZTE Blade L3) g02(ZTE Blade S Lite) g03(ZTE Blade S)
カラー パールホワイト
パールレッド
プラチナシルバー
プラチナピンク
販売価格
(税抜)
10,000円 20,000円 30,000円
OS Android 5.0 Lollipop
CPU MediaTek MT6582M
クアッドコア 1.3GHz
Snapdragon 410 MSM8916
クアッドコア 1.2GHz
Snapdragon 615 (MSM8939)
オクタコア 1.5GHz/1.0GHz
ROM/RAM 8GB/1GB 16GB/2GB
外部メモリ micro SDHC /最大32GB
サイズ 143.2×72.7×8.9mm 144×70.7×7.7mm
重量 約150g 約132g
ディスプレイ 5インチ TFT
フルワイドVGA (854×480)
5インチ IPS 液晶
1280×720 HD
カメラ アウトカメラ: 500万画素 CMOS
インカメラ: 200万画素 CMOS
アウトカメラ: 800万画素 CMOS
インカメラ: 500万画素 CMOS
アウトカメラ: 1300万画素
Sony Exmor RS IMX214
インカメラ: 500万画素 CMOS
バッテリー
容量
1,850mAh 2,400mAh
ネットワーク ・W-CDMA
B1(2100) / B6(800) / B19(800)
・GSM
900 / 1800 / 1900
・LTE
B1(2100) / B3(1700) / B19(800)
・W-CDMA
B1(2100) / B6(800) / B19(800)
・GSM
900 / 1800 / 1900
SIMスロット デュアル標準SIM デュアルNano SIM
WiFi WiFi 802.11 b/g/n
2.4GHz
WiFi 802.11 b/g/n/ac
2.4GHz、5GHz
Bluetooth Bluetooth 3.0 Bluetooth 4.0
センサー ・GPS
・加速度センサー
・近接センサー
・光センサー
・A-GPS/GPS
・加速度センサー
・近接センサー
・光センサー
・デジタルコンパス
・A-GPS/GPS
・加速度センサー
・近接センサー
・光センサー
・デジタルコンパス
・Gyro
その他 Hi-Fi サウンド対応

2.販売概要

1)通信サービス

・「OCN モバイル ONE音声対応SIM」(http://store.ntt.com/p/ocn_mobile_one_voice
月額利用料 : 月額1,600円(税抜)~
<内訳>
パケット代:900円(税抜)~
音声通話基本料:700円(税抜)/ 050 plus月額基本料:無料

2)セットアプリ「goo milk feeder」

シンプルなニュースアプリで、今回発売の全ての機種にプリインストールされています。

3)セットアプリ「gooやさしいスマホ」

スマートフォン初心者向けに、操作が不安というユーザーに対して、今回、g01についてはgooオリジナルの初心者向けUI(ユーザーインターフェイス)ランチャーアプリ、「gooやさしいスマホ」をプリインストールしています。

4)アフターサポートサービス(オプション)

・グーの端末保証
落下等による破損、水漏れによる故障時など、新品の同機種、または同等品と交換、お届けするサービスを用意。

・グーの端末保証&安心サポート
端末の操作方法から周辺機器との接続設定に関する悩みなど、幅広い質問に対応し、一時的に遠隔操作して設定のお手伝いをする充実のアフターサポートと端末保証サービスをセットにしたプランを手頃な価格で用意。

5)販売開始日  :2015年4月22日(水) 11時

6)販売方法 :「NTTコムストア by goo Simseller」にて特別価格で予約販売開始。

・「NTTコムストア by goo Simseller」
URL:http://store.ntt.com/p/set/monev_goospz
・「NTTコムストア by goo Simseller  楽天市場店」
URL:http://www.rakuten.ne.jp/gold/goosimseller/0422product
・「NTTコムストア by goo Simseller  Yahoo!ショッピング店」
URL:http://store.shopping.yahoo.co.jp/goo-simseller/0422product.html

7)端末下取り額UPキャンペーン

中古携帯買取・販売会社の株式会社eiYAAAと連携してお得な下取りプログラムを用意。

関連記事
ASUSが、5.5インチのAndroidスマートフォン「ZenFone 2」を国内発売すると発表
Huaweiが、ハイエンド端末の新機種 6.8インチの大画面「P8 max」と5.2インチ「P8」を発表

今年5月から施行の「SIMロック解除義務化」がなされても、何も関係ないスマホユーザー
ヨドバシカメラが、ワイヤレスゲートのSIMカードの販売と、ヨドバシカメラ「格安SIM」販売の強化を発表

「格安スマホの認知度は約9割、利用率は約1割」、格安スマホを購入しない理由は、「今の携帯電話会社の方が安心だから」56.8%が最多だと。。何だそれ。
ゲオと格安SIM販売のNTT Comが、モバイル事業で業務提携し、新たなスマホサービス「ゲオスマホ」の発売を4月2日から開始

MVNO各社の格安SIMが、高速データ通信量の増量を続々と発表
パナソニックの通信サービス「Wonderlink」も個人向け格安SIMに参入して、3月までの期間限定で2GBのプランが月額960円から700円に
Huaweiが、ハイエンド端末の新機種 6.8インチの大画面「P8 max」と5.2インチ「P8」を発表

Sponsored Links





コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*