いつもネタ切れに悩まされる。。。ですと? なんてもったいない。

本日は、「いつもネタ切れに悩まされる」。。。ですと? なんてもったいない。。。です。

私が、ブログを勧めた方達は数名いて、今も、元気に記載を続けています。 最近、「良い記事を書いているなー」と、本当に感心することも有ります。

そんな中で、「いつもネタ切れに悩まされる」と。。。もったいない事を言っていますので、考え方をアドバイス。

Sponsored Links





1.まず、ブログを記載する目的は、何なのか? アクセス数を稼ぎたいのか? です。

1)「アクセス数を稼ぎたい」ので無ければ、無理に記載しなくても良いんです。

日記の様に、好きな時に、書けばいいだけです。 ネタが無ければ、無理に記載しなくても、誰も文句は言いません。

2)「アクセス数を稼ぎたい」のなら、「即効」では無いが、みんなが検索エンジンで検索する事を記載すればいいだけです。

私の場合、ブログを始める前に、Yahoo!の知恵袋で、100問、回答した経験が有ります。そこで8割くらいのベストアンサーをいただきました。 本当に「ベストアンサー」か疑問も有りますが。。。

そこで、分かった事は、私の場合はパソコン関係ですが、みんな、どんなことで困っているのか?。。。です。

2.「みんなが検索エンジンで検索する事」は何?

例えば、Windows関係だと、「パソコンが重い」何とかならないのか? 解決策は?

1ヶ月では、アクセス数は、跳ね上がらないけど、数か月で、Googleの検索結果で1ページ目に表示されるようになります。

日々のニュースや新商品の紹介だけではなく、みんなが、Googleの検索エンジンで検索する事を記載すればいいんです。

「ニュース」や「新商品の紹介」だと、アクセス数は、記載したあと、将来にアクセス数は上がらいのです。

1)活用記事

ですので、AppleのMacが好きだったり、iPhoneが好きだったりしたら、なんで、この製品の使い方や、アプリケーションの使い方など、「こんな風に活用できるんだよ」と云う記事を書けば良いのだと思います。

性能の良いパソコンを使っていると、あまり、自分でも不満が無いのですが、新しい物を買えずに古くなったパソコンなどを皆さん、我慢して使用しているのだと思います。

この記事が、書けないと云う事は、自分で購入した「商品」を。。。実は、あまり活用していないのです。

自分の購入した商品の開封シーンだけで終わっているのです。

この商品が、大好きと云っていながら。。。。活用していないのです。 道具なんですから、デザインが良いとかではなく、こんな使い方もできるんですよと云う事をたくさん紹介する事です。

いつも言いますが、パソコンなどの道具は、「その人の能力以上の事は何一つできない」と。。。ですので、使いこなす努力をすればいいだけですが。。。。

2)貯め記事

こんな強者もいます。 記事を一気に100ページくらい書いて、3か月ぐらい放置しとくのだそうです。 もちろん、アクセス数はチェックしているのでしょうけど。。。内容が、検索されるような事柄だと、後から、上位にインデックスされてゆくのだそうです。

毎日、記載するから、アクセス数が上がるのではなく、皆さんが、検索するからアクセス数が上がる、一番の例ですね。

3.Googleのアナリティクスでチェック

だから、皆さんに、情報を発信するんです。 そうすると、そのうち、Googleの検索エンジにインデックスされて、上位に表示される ようになるのです。 どのページがアクセス数が多いか、Googleのアナリティクスでチェックすれば、一目瞭然ではないですか?

1)ユーザーをチェックすると
私の例ですが、Googleのアナリティクスでチェックすれば、常連さん2割、新規で検索エンジンから来てくれる読者は8割くらいです。
これが、逆の数字でしたら、毎日、『モブログ』みたいな記事でも良いでしょうが。。。芸能人のブログではないのですから、スマホで、ちょこっと書いたくらいの記事では、ほぼ、あとからアクセス数は、上がらないのです!! 書いた時だけです。  時間が立てば、誰も、検索してくれないんです。

2)記事の検討
1ヶ月に数本で良いんです。 ちゃんと時間をかけて、調べ抜いて、みんなが困っている事、知りたいことを記載すれば、後から、ゆっくりですが、アクセス数は自然と上がります。

Appleが好きなら、たくさん有るでしょう。。。パソコンの事、アプリケーションの事。。。自分が、ちゃんとパソコンを使いこなしていないと。。。記事なんて書けませんよ。 使いこなしていれば、「いつもネタ切れに悩まされる」なんて、ありえないでしょう。。。。書くことなんて、山ほどあります。 馬に食わせるほど有ります??

「今日は、何を書こう」などと、思い付きではなく、月に2,3度は計画を立てて、みんなが、困っていそうな事を探して、書き溜めておくか、時間をかけて調べておくくらいでないと。。。

4.これからできる事

iPhone版の「Yahoo!の知恵袋」のアプリも有りますので、まずは、自分の得意な分野で良いから、チェックしてみると良いと思います。 そうすれば、ユーザーが、何んで困っているのか? が理解できると思います。

1)アプリの紹介、使い方など
Macの定番アプリの紹介でも良いんです。 Macを使いこなしていれば、定番アプリくらい分かるでしょう?

「どなたか、使い方分かりませんか?」。。。ではなく、自分でアプリをダウンロードして、色々いじくって、じっくりと紹介するんです。

このレベルに来ると、本当に好きで、色々といじくっていないと、なかなか記載できないでしょう。
時間をかけて、本当に、自分で、とことん、いじくって見る事です。 時間はかかりますが。。。

2)まとめ記事
WEBサービスでも、アプリでも、山ほどありますので、同じ機能のアプリをまとめて紹介するのも、良いのではと思います。

それと、一度、リリースした記事でも、ちゃんと見直してアップデートするのです。 情報が不足していれば、ちゃんと加筆して、内容を確保するのです。

記事を記載しあと、時間が経っていても、観てくれた方に、ちゃんと、最新の情報が伝わるように心がけることです。
すぐに見てくれていると限りませんので。

まあ、芸能人や有名人では無いのですから、『モブログ』みたいな記事より、1年経っても検索エンジンから、訪問してくれる記事を、コツコツと記載して貯めておく方が、内容が良ければ、絶対にアクセス数は上がるのです。

常連さんよりも、困って検索して訪問してくれる方が、記事を記載して時間が経っても、役に立つ内容ならアクセス数が持続する事を忘れないでください。

役に立つ内容なら、ユーザーが検索した時に、ページの上位に表示されるから、アクセス数が多くなるのです。

3)どちらの側に立った記事を書くか。。。です。
私の場合は、メーカー側やユーザー側に偏った立場では、あまり記載しません。

フリーソフトは、無償で使わせてもらいますので、批判めいた事は、一切書きません。

むしろ、「メーカー」の思惑や「ユザー」の不都合な真実を記載する様にしています。

物を売る側の「巧妙」さ、それを購入するユーザーの「ぐだぐだ感」ですね。

「辛口」なのではなく、人に言えない、言いたくない「不都合な真実」を記載しているだけです。

最後に、

私の場合、好きで、一生懸命に記事を書いていたら、結果、アクセス数が上がるようになっていた。 ですので、アクセス数が上がるようにするには、どうしたら良いかなんて、始めてから3年以上経っても考えたことも無かった。

最初から、アクセス数が上がるには? と考えていたら、楽しくなくて、ここまで来れなかった様に思います。

アクセス数を上げようとすれば、するほど、段々と、記載する内容が、濃くなると云うか、記事をアップする前の調査の「時間」が、確実にかかるようになります。

ここで、「めんどくさい」と思えば。。。『モブログ』みたいな記事でも良いでしょう。 でもアクセス数は稼げないと思います。

どうせ、苦労して、何を記載しよう?と、悩むなら、どちらの路を選んだら良いか。。。自分で選択することです。

何かを初めて、自分自身が、悩んで「進化」、「成長」しないのであれば、タダの「暇つぶし」です。

誰も、記事を書かないとダメとプレッシャーをかけてはいないのです。 すぐに止めても、誰も文句は言いません。

自分で、考えて、悩んで、のた打ち回らないと、「進化」も「成長」も、自分自身で感じ取ることはできませんので、大いに悩んで、創意、工夫をしてみて下さい。

分かった風な事を書きましたが、いまだに、のた打ち回わっている、私からのアドバイスです。
Sponsored Links





コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*