デスクトップ版のブラウザーから開く「Gmail」に「送信取り消し機能」がリリース

6月23日、
デスクトップ版のブラウザーから開く「Gmail」に送信取り消し機能がリリースしています。
Sponsored Links





メールを違う相手に、送信して、すぐに気が付けば、誤送信せずに済む機能です。
1年に1度くらい、ヒヤッとする事が有りますが、取りあえず、最大30秒以内であれば、STOPできます。

私の場合、Googleアラートから1日300件メールを受信するのがメインですので。。。。

本当は、iPhoneなどから、メールを送信する時も、この機能が欲しいですね。今の所、デスクトップでのみ使える機能です。  但し、Gmailユーザーに人気のiOS版アプリ「Inbox」で利用可能です。

設定画面の全般タブをまず開く

1)ブラウザーからGmailを開いて、画面右上にある歯車アイコンの[設定]をクリックする。

2)[送信取り消し]

「送信取り消し機能を有効にする」にチェックを入れる。

「取り消せる時間」は最初10秒になっているが、最大30秒まで設定可能です。

3)設定が終了したら、ページ最下行にある[変更を保存]をクリックして、作業は終了です。

関連記事
Googleが、自分のGoogleアカウントのプライバシーやセキュリティ設定をまとめて確認できる「アカウント情報」ページを公開
Googleのアプリ2つ、フォトストレージサービス「Google Photos」と新しいメールアプリ「Inbox」が正式リリース
Googleが、ハードウェア製品を販売するオンラインストア「Google ストア」を開設

Sponsored Links





コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*