プラスワンマーケティングが、「freetel」ブランドで新モデルとなるデュアルSIM採用の格安スマホ「freetel priori2」を12月27日に発売すると発表

12 月 25 日、
プラスワン・マーケティングが、「freetel」ブランドで新モデルとなるデュアルSIM採用の格安スマホ「freetel priori2」を12月27日に発売すると発表しました。 もう一つ、Windows 8.1搭載の10型タブレット「freetel GAIA」も、12月26日に販売を開始します(予想価格は税別34,800円前後)。
Sponsored Links





freetel priori2」は、LTE非対応の3G端末ですが、Goodな点は、取り外し可能な1,700mAhのバッテリーとSIMが2つ刺さるデュアルSIM仕様(3G/GSM)で、値段も、ぐっと抑えて、なんと、9,980円(税抜)です。

キャリアや大手メーカーが販売するハイエンド端末とくらべると、スペック的には、ちょっと劣りますが、スマホデビューする方には、もったいないほどの性能です。 どうせ、最初は、使いこなせるわけがないんです。 これでも、勿体ないほどです。 私が欲しいくらいです。

スマホを理解している人、使いこなせる人、スマホが初めてでも経済観念がしっかりしていて現金を持っている人、このような購買層の方達は購入してくれるチャンスは大いにあると思います。

以前にも、記事にしたことが、有りますが、 「SIMとスマホ本体をセットにして販売しないと。。 一銭も支払わずに、とりあえず契約して、即日、端末を持ち帰り使用できること。」 これができないと、スマホの事なんか、何一つ知らない人や、現金の支出を嫌がる若い層は、めんどくさくて、購入しないと思います。

やはり、キャリアみたいに、即日、一銭も支払わず、カード決済ができて、自分で設定しなくても1時間で、端末を渡してくれるやり方をしないと、二の足を踏んでしまいます。
こんな売り方が、できれば、もっと売れると思うのですが。。。。。なんで、できないんでしょうね?  一番、大事なポイントなんだけど。。。

reetel_priori2_002

スペック
・OS     :Android4.4.2
・画面    :4.5インチFWVGA(480×854PX)。
・CPU    :1.3GHzクアッドコア
・メモリー   :1GB
・ストレージ :8GBでマイクロSDHCに対応。
・両面カメラ、Wi-Fi、Bluetooth
・センサー  :GPS、加速度センサー、近接センサー

freetel priori2

freetel priori2

料金プランは、1GB、2GB、3GB、5GB、7GBの5種類です。
携帯電話番号ポータビリティ(MNP)も可能です。

高速通信
データ容量
ネットし放題
(月額)
電話プラス付
(月額)
通話料
1GB プラン 670 1,270 20円/30秒
2GB プラン 880 1,480
3GB プラン 1,280 1,780
5GB プラン 1,980 2,480
7GB プラン 2,480 2,880

freetel mobile ネットし放題1GB 電話プラス(microSIM)の料金プランの場合

1)月々の支払額
1,270円/月(電話プラス付) - 290円/月(キャンペーン値引き) = プラン合計 980円/月額

2)本体購入時の支払額
freetel priori2ブラック    9,980円
初期手数料          3,000円

購入時お支払合計 12,980

・priori2 サイト
https://www.freetel.jp/eshop/lp/priori2.html

関連記事
2014年、年末に発売する格安のWindowsタブレット4台とAndroidタブレット3台です。(2014年12月)
2014年度のスマートフォン、タブレット、パソコンの傾向と今後の流れについて、今年の出来事から(2014年12月)
ついにでました。日本通信の高速通信使い放題で月額1,980円、「b-mobile SIM高速定額」が新登場です(2014年12月)
「SIMフリー義務化」でも、MVNOの格安SIM、スマホが流行らない理由4つ(2014年11月)
イオンとハイホーが、タブレットとSIMカードのセット販売を開始しました(2014年11月)

Sponsored Links
















コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*