Windowsメンテ用一覧

“Windows Update”を無効化する機能が実装された「Windows10 設定変更ツール WinUpdateSettings」 Ver1.7が公開

本バージョンでは、Windows Update適用後の自動再起動のみを無効化する機能が追加された。 「Windows Updateをしない」という意味でなく、「安定するまで、様子を見る」という意味で、アップデート等を自分で制御したい方に推奨される方法ですので、誤解の無いように。

デスクトップ上で、複数アプリのウィンドウをまとめて「タブ」表示で切り替えられる便利ソフト「TidyTabs」

ブラウザーの様に、各種アプリのウインドウをタブ表示で切り替えることができるアプリです。 ちょっと珍しいので紹介します。 複数ウインドウを開いて作業をする場合、タブでサッとウインドウを切り替えるか、デカいモニターで複数ウインドウを表示するしか手がありません。この「TidyTabs」が一番、安上がりではないかと思います。

Microsoftが、自社製PC「Surface」ファミリーのために開発された公式診断ツール「Surface Diagnostic Toolkit」が利用可能になっています。

Microsoftが、自社製PC「Surface」ファミリーのために開発された公式診断ツール「Surface Diagnostic Toolkit」が利用可能になっています。 一連のテストを実行して Surface デバイスのハードウェアを診断する小型で携帯可能な診断ツールです。

Microsoftのオンラインストレージ「OneDrive」を使わない人集まれ。Windows 10の「OneDrive」機能を簡単に有効化・無効化できる「OnedriveSwitch」が便利です。

Windows 10の「OneDrive」機能を簡単に有効化・無効化できる「OnedriveSwitch」が便利です。 Microsoftの「OneDrive」は、オンラインストレージです。Windows10からは、エクスプローラーから、直接、開ける様になってしまいました。

“Windows Update”を無効化する機能が実装された「Windows10 設定変更ツール WinUpdateSettings」 Ver1.3をリリース

「Windows 10」からは、通常の設定画面からは「Windows Update」、「自動メンテナンス」、「Cortana」などの設定を変更したり無効にする事ができません。 なぜなら、自由に止めることを可能にすれば、Windowsの事など何も分からないユーザーが、Windows Updateをしない場合が発生して、セキュリティ上危険なパソコンが増えてしまうからです。

電机本舗が、Windows10の大型アップデートに備えOSの自動更新を制御する「OS_UPdateSTOP」と「Windows10レスキューキットEX Ver2.3.1」の無料配布を開始

Windows10の無償配布終了後、2016年8月の「Redstone 1」がリリースされて、今年4月11日に「Creators Update(Red Stone 2)」へのアップデートが予定されています。 大きなアップデートのタイミングで、古いソフトが、動かないだの、変だの、へったくれだのと、知らずに更新を自分でかけてしまってから、慌てるのですが、Windows10の場合は、強制的に、自動でアップデートが入ってしまいますので、仕方ないと云えば仕方ないのですが、アップデートをしばらく止めておいて、すこし安定してから、自分で更新したいと考えている方や、いつまでも、ケチって、古いソフトを使っている方にお薦めです。