Googleが、初心者向けのプログラミング学習ツール「Grasshopper」のデスクトップ版を公開しました。

2019年10月9日
Googleが、初心者向けのプログラミング学習ツール「Grasshopper」のデスクトップ版を公開しました。

無料で利用できますので、ちょっと、面白そうでしたので、OS:Windows10、ブラウザ:Firefox上で動かしてみました。 Webブラウザベースですので、アプリをダウンロードする必要もありません。

Googleアカウントでログイン可能で、Web開発に必要なスキルを基礎から学べるそうです。 

英語表記ですが、英語の読めない方でも、知能があるレベルに達していれば、この画面をじっと1分間見ていれば、ユーザーに何をさせたいか? きっと理解できるでしょう。

このレベルだと、プログラミングのスキルの有る・無しではなく、物事を「認識」できるかどうかの「認知能力」の問題です。

プログラミング学習ツール「Grasshopper」のデスクトップ版

完成すると、緑色の三角が、降ってきます。。。。

旗の色を3色抽画させるだけの簡単なプログラムです。 面白いです。

JavaScript」を基礎から学んで、次は「HTML」や「CSS」を含めたWebページの構築スキルがマスターできるようになっている。

次々と問題をかたずけている内に、プログラミングを学習できる仕組みになっているようです。

プログラミングが未経験の方でもできますが、物事を「認識」する能力が低いと、難しいと思います。

いずれにしても、難しいと思っていた「プログラミング」が、理解、認識できるようになれば、しめたものです。 そんな方は、どんどん学習してみてください。

自分の能力が、どのレベルにあるか、発見できるかもしてません。

小学校ででも、「プログラミング」学習が始まりますが、できる子とできない子が、はっきり分かれると思います。 そんなった時、どのように、教えればいいのか、どのようなの能力が必要で、できない子をどう指導してゆくのか、問題点の探るいい機会になると思います。

画一的な教育で、勉強についてゆけない子は、何が、問題なのか、どう対処すれば、本人の能力を上げることが教育で可能なのか、「プログラミング」学習以前の子供たちの能力の違いを把握できる良い機会になると思います。

・Grasshopper サイト
https://learn.grasshopper.app/

関連記事
【書籍紹介】 ケーキの切れない非行少年たち   宮口 幸治 (著)

Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする