Googleが、「Google レンズ」に手書きのメモや書類のテキストをスマホのカメラで読み取り、テキスト化、スマホにコピーペーストできる機能を強化

2020年5月11日、
Googleが、「Google レンズ」に手書きのメモや書類のテキストをスマホのカメラで読み取り、テキスト化、スマホにコピーペーストできる機能を強化しました。

これまでも Google レンズを使って手書きのメモや書類のテキストをスマートフォンで簡単に読み取りコピーできましたが、Google レンズでテキストを選択し、「パソコンにコピー」 をタップすると、Chrome でログインしている別のデバイスにコピーペーストすることができるようになりました。 テキストの読み取り時に、新たに読み上げ機能も追加されています。

パソコンにテキストをコピーするには、スマートフォンとパソコンの両方で同じ Google アカウントにログインしている必要があります。また、最新バージョンの Chrome をお使い下さい。ぜひ仕事や勉強でご活用下さい。

と、ありますので、ブラウザ「Chorme」のユーザーは、Androidスマートフォンで、「Google レンズ」をインストールして活用してみて下さい。

ちょっと使ってみましたが、私の様な汚い字で書いたメモは、ほぼ読み取りテキスト化することは、まだ不可能ですが、印刷物の活字は、ほぼ正確に読み取ることができますので、メモしておきたいもので、画像で蓄えるのは、ストレージの容量を喰いますので、テキスト化して、メモ帖にでも張り付けておくと、スマホの少ない容量を節約するのは良いのではと思います。

「Google レンズ」できる事
色々あるので、ちょっと色々な使い方を試して、慣れておく必要があります。

■外国語を翻訳する
翻訳したりテキストをコピーしてメモ帳などへ貼付したりできます。
■名刺から情報を読み取る
■画像から衣服や家具、電化製品などを認識して類似商品を検索する
■画像から植物、動物などの種類を特定する
■画像から建物の史実や営業時間などを表示する
■バーコードから、書籍、CDなどの商品情報を検索する
■手書きのレシピをテキスト化する
日本語で書いた手書きは、まだちょっと苦手ですね。

Google レンズ Android版のダウンロード

追記
Microsoft製の同類アプリ「Office Lens」も優れものです。

Office Lens

■撮影したドキュメントの輪郭を認識して傾き・歪みを補正したり、不要部分をトリミングしたりといった処理を自動で行ってくれます。
■画像内のテキストを認識してファイルへ埋め込むOCR機能も装備しています。

Microsoft社の製品ですので、 画像を PDF (ポータブルドキュメント形式) ファイルとして保存することや、Microsoft OneNote、OneDrive、Word、または PowerPoint に保存することもできます。

・Office Lens iTunes サイト
https://itunes.apple.com/jp/app/office-lens/id975925059?mt=8

Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.microsoft.office.officelens

関連記事
Microsoft社が、iOS版のスキャナーアプリ「Office Lens」に「イマーシブ リーダー」機能を搭載して公開

Microsoftのドキュメントスキャナアプリ「Office Lens」が、Windows 10のパソコンでで利用可能になりました

Microsoft社が、スキャナーアプリ「Office Lens」をiOSとAndroid OS向けに無償公開

Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする