Microsoftが、「Word」のWEB版でトランスクリプト(文字起こし)機能「Transcribe in Word」をリリースしたと発表

2020年8月25日(米国時間)、
Microsoftが、「Word」のWEB版(Word for web)で、トランスクリプト(文字起こし)機能「Transcribe in Word」をリリースしたと発表しました。

なんと、「Word for web」で直接会話を録音して、自動的に文字起こしが可能になりました。完全ではないにしても「キーボード」から離れることができるように、音声コマンドをディクテーションに追加しました。

Wordの文字起こし機能は、現在すべてのMicrosoft 365サブスクライバー向けの「Word for Web」で無償利用でき、新しい「Microsoft Edge」または「Chrome」のブラウザーでサポートされています。

Transcribe in Word

機能
会話を直接Wordに録音し、自動的に文字に起こすことができる。

この機能を有効にすると、事前に録音、録画された音声ファイルや動画をアップロードし、自動的に文字起こしをさせて、検索や編集が可能なテキストにすることも可能。

▮ Transcribeは、.mp3、.wav、.m4a、または.mp4ファイルをサポート。 

制限
▮現在、サポートされている言語は英語(EN-US)への音声文字変換のみですが、さらに多くの言語のサポートに取り組んでゆくようです。

▮現在、アップロードされたレコーディングには1か月あたり5時間の制限があり、アップロードされたレコーディングはそれぞれ200 MBに制限されています。

追記
Microsoftは、Word向けの新しいディクテーション機能も発表しています。

音声コマンドでのディクテーション機能は、ウェブ版Wordとモバイル版Office(無料)で、Microsoftアカウントにサインインすれば利用できる。

本機能は、ユーザーは音声コマンドを使用して、テキストを追加、フォーマット、編集、整理することができる。

尚、Microsoft 365サブスクライバーが、デスクトップ版Wordや「Mac」向けWordアプリで音声コマンドを利用できるようになるのは2020年末頃です。

早く、日本語も対応すると良いです。

Microsoft 365 saves you time and effort with transcription and voice commands in Word サイト
https://www.microsoft.com/en-us/microsoft-365/blog/2020/08/25/microsoft-365-transcription-voice-commands-word/

Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする