13インチ 「Mid 2013/MacBook Air」の重いを解消する、高速化するには。。。と、色々と調べて実施してみました。

2021-03-16、
MacBook Airの重いを解消する、高速化するには。。。と、色々と調べて実施してみましたが、結論から先に言えば、Windowsほど効果が感じられませんでしたが、あるフリーソフトを使用して長年、蓄積されていた、数GB単位の不要ファイルも削除できましたので、速くするまでには行きませんでしたが、掃除ができただけでも良しとしましょう。

■Macユーザーは、大きく2つに分かれるでしょう
メンテンナンスなど、何一つ自分でやったことのない人、ちゃんと自分でメンテ作業を実施できる人。 いくらWindowsと違い、「手間いらず(バカチョン)」でも、何年も使用しているなら、そろそろ覚えておいた方が良いでしょう。

まずは、これくらいは、自分で認識できるでしょう。。。。
・自分のMacは、どのバージョンなのか? 最新バージョンなのか?
・ストレージは、どのくらい使用しているのか、容量、使用量をチェックする。

パソコンなんて、もう文房具の時代です。 文房具のメンテくらい、自分で覚えましょう。

▮私のMacBook Airは、2013年のですので、OSを何回入替えたか。。
まだ最新のOSをインストール出来ますが、そろそろではないでしょうか。
私のマシンは、最初のOSは、「OS X Mountain Lion」でした。

Mountain Lion—>Mavericks—> Yosemite—> El Capitan—> Sierra—> High Sierra—>Mojave—>Catalina—>Big Sur(2020年11月12日リリース)

Macはある時期からOSが無料になりましたので、これもWindowsとは違い、大いに助かります。

▮何で、速くしようとしたかと言えば、
電源投入後のログイン画面が表示される前の画面で、リンゴマークの下に「横バー(インジゲーター」表示されて動くのですが、右端に到達するまでの時間が、あまりに長いので、これを何とか、速くならないかと考えたのです。

実は、Macbookの使い方としては、使い終わる場合、上蓋を閉じれば、それで良いのですが、しばらく使わない場合などは、電池が減らないように、完全にシャットダウンしておきたい時も有るのです(何もなくても、たまに再起動する事も必要です)。

1.私のMacBook Airのメンテナンス状況

起動して普通に使う分には、別に何の問題も有りませんので。5年以上、Macの場合は、ほぼ、何もしていませんでした。 よほど、ハードな使い方をしていなければ、Intel「Mac」のCPUは、Corei 5が入っていますし、ストレージは元々「SSD」ですので、安いWindowsマシンとは違い、ノーメンテナンスでも、何の問題なく動作するのです。

▮Windowsマシンとの違い
Windowsマシンの場合、メンテをしなければ、経験上、必ず、重く遅くなります。ここが「Windowsマシン」と「Mac」が違うところで、私がMacをお勧めする由縁でもあります。

Macは良いですよ! ほぼ、ノーメンテで使えるのです。。。また、Appleの回し者になっています。

ただ、「文房具」としてのパソコンの使い方をちゃんと覚えたいなら、Windowsマシンの方が面倒で、元々「がさい」ので、やることが沢山あり、ちょうどいいのではないかと、両方のマシンを使っている経験上、思う所です。

▮Macは、スマホの「iPhone」みたいなもんです。
悪く言えば、「バカチョン」コンピューターですかね。 M1のMacはまさに、アーキティクチャーもスマホと同じです。

2.無料のツールアプリ「CleanMyMac X」のインストールと設定まで

それでは、無料のツールアプリ「CleanMyMac X」を利用して、Macbookの掃除をしてみましょう。 尚、有料版もありますが、まずは無料版で、機能制限はありますが試してみましょう。

1)下記のサイトから「CleanMyMacX.dmg」ダウンロードします。

CleanMyMac X

対応OS
macOS 10.10以降

CleanMyMac X(容量:78.4MB) MacPaw 本家ダウンロード サイト
https://macpaw.com/ja

CleanMyMac X  Mac App Store

注意事項
CleanMyMacは、App Store版と、本家版とでは違います。App Store版には、機能制限が掛けられていますので、入手時に注意してください。
・詳細は、下記のサイトを参照
https://macpaw.com/ja/support/cleanmymac/knowledgebase/editions

2)インストール

Macの場合、アプリをApp Storeからインストールするのは簡単ですが、App Storeではなく本家からアプリをインストールするには、Windowsとは違い、少し癖がありますが、大丈夫でしょうか? 私は、本家サイトからダウンロードしました。

まず、ダウンロードしたらDMGファイルを見つけてください。

「CleanMyMac X」をアプリケーションにドラッグ&ドロップするだけですが、これが、初めて実施する人には、意味が分かりません。これは、自分で調べて実施してください。これくらい自分で調べられなければ、辞めておいた方がいいでしょう。

インストールが終了して、「CleanMyMac X」を起動すると、ファイルにアクセスする為の権限を設定します。

▮Macの設定方法

システム環境設定

システム環境設定の「セキュリティとプライバシー」画面の「プライバシー」タブで、「フルディスクアクセス」で、このアプリが使える様に、「CleanMyMac X」を登録設定する必要があります。 この設定をしないと、Macのセキュリティ上、ファイルを削除することができないのです。 ここが、ちょっと面倒な所です。

3)CleanMyMac X 主な機能

CleanMyMac X

画面も分かりやすく、取り敢えず、上から順番に実施して行けば違いないでしょう。
全部、いじると、機能制限がかかっているので、有償版を欲しくなります。

主な機能
・空き容量の開放
・Macのセキュリティ保護
・アプリのアンインストール
・Macの健康状態の監視

▮今回の総論
私の「13インチ MacBook Air」は、ストレージが、Windowsを「ブートキャンプ」で使用する為、128GBではなく256GBのSSDモデルを購入していましたので、容量がひっ迫する事はありませんが、今回、無償版ですが、このアプリを使用して分かったことは、長年、ノーメンテで使用していると、不要ファイルなどが蓄積されていますので、高速化はしませんでしたが、それが一気に解消されだけでも儲けもんでした。

長年、大事に愛用するなら、やはり、Macも「不要ファイル」等を一気に削除してくれるアプリくらいは、入ておくべきでしょうね。

■「再インストール」または、「macOSのクリーンインストール」する場合

追記1
■Macはデータや設定を残したままOSだけを、「再インストール」することが可能ですのでこれを実施するのも手です。

<方法>
Intel製CPUを搭載したMacは、Macを再起動してグレーの画面が表示されたらすぐに[command]キーと[R]キーを同時に押します。「macOSユーティリティ」が表示されるので「macOSを再インストール」をクリックして、指示通りに行けば、macOSの再インストールが行なえます。

■それでもダメ(効果が無かった)なら、「macOSのクリーンインストール」という手もあります。これは、全部、初期化して、工場出荷状態に戻すことです。

<方法>
1)macOSのクリーンインストールは、macOSユーティリティ画面から「ディスクユーティリティ」で起動ボリュームを選択して消去し、「APFS」でフォーマットします。
2)その後「macOSを再インストール」で工場出荷時に戻ります。
但し、ユーザーデータが完全に削除されること、事前に「Macを探す」を解除しておく事が必要です

追記2
手動で、自分で不要ファイルなどを削除する場合は、Appleのサイトに説明が掲載されていますので、下記のサイトを参照です。

■macOSでは、Mac上でより多くの領域を確保するために、ストレージを最適化できます。
https://support.apple.com/ja-jp/guide/system-information/sysp4ee93ca4/mac

■Macの動作が遅い場合
https://support.apple.com/ja-jp/guide/mac-help/mchlp1731/mac

関連記事
【iMacのHDDの入れ替え】 古い「iMac(モデルNo:A1224)」(OS Xバージョン10.6 (Snow Leopard))のストレージをHDDからSSDに入れ替え作戦です。

新しく発売されたApple Silicon(M1)デバイス上のソフトウエアの対応状況についてです。

【重要:Apple】古いMacBook Pro:最新OSのmacOS Big Surをインストールする場合の不具合情報

Appleが、性能がアップし安くなった13.3型モバイルノートPC「MacBook Air」の新モデルを発表

Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする