【初めての動画編集】 ある会社で、辞めてゆく人の為に、数十人のメッセージ動画をまとめる依頼を受けてしまい苦労した点です。

2021-07-15、
本日の話題は、Macの純正アプリ「iMove」を使って、初めて動画の編集・作成してみた件です。 今回は、自身で撮影はしていません。撮影した動画ファイルを編集する作業です。

ある会社で、辞めてゆく子の為に、数十人のメッセージ動画(送別用のビデオメッセージ動画)をまとめる依頼(仕事では無い)を受けてしまいましたが、なにせ、初めての作業で苦労した点です。

▮「YouTube」をやっている方達には感心します。
撮影する為の機材もそうですが、主に、どんなアプリで編集作業をしているのか知りませんが、結構、大変な作業ですね。

今回は、編集作業だけで、せっかく「MacBook Air」使っていますので、得意の「Windows」ではなく、Macでやっちゃいました。

「いやな予感」がしたのですが、ほぼ、完成したのを見ると、自分的には、完成度60%くらいで、これ以上何とか、ならないのかと。。。提出期限は、今月末ですので、思案中です。

Appleの「ファイナルカットプロ(Final Cut Pro)」でも使えば、もう少し、ましになるかな? とアプリのせいにしています。

やはり、初めて経験でしたが、動画作成には、ある程度「センス」が必要に思いますが、どうでしょうか?

「テクニック」で誤魔化すほど、旨くアプリを使いこなせないが、慣れてくると(他人の作品を参考にして)少しは、ましになるのでしょうか。

プロフェッショナル「映像クリエイター」のお友達でも居れば良いのですが。。。。

プロフェッショナル「フォトグラファー」のお友達は居ますが、「教えて」と頼んだことは無いのです。

1.渡された動画データ

「iMove」での大まかな作業内容は、

iPhoneなどで、各個人が撮影した20秒間以内の動画データを1つのファイルにまとめた(連結)ものを入手し、Macに取り込んだのですが、メッセージ動画ですので、これを個人別にかっこよくカット(トランジション)する作業が必要になりました。

上記作業が終われば、タイトル画面、エンドロール、音楽(BGM)などを付ければ、何となく出来上がるでしょう。 あとはセンスの問題だけですかね。

Macの純正アプリ「iMove」の中には、お手軽な各種機能(エフェクト画面、音楽を取り込む)のサンプルデータが入っているので、それを利用すれば、比較的、簡単に作成する事ができます。

2.iPhoneの写真アプリで、動画(ビデオ)のアスペクト比(横縦比)

私の様な、古い「iPhone6」で撮影すると問題ないのですが、新しい機種で縦にして撮影すると、動画にすると、縦型(ガラ携で撮影した様な)になり、両端がボケて表示されてしまいす。

1)どうするか、悩んだのですが

▮最新バージョンのMacの「iMove」から、動画(ビデオ)のアスペクト比の変更機能は、省かれています。

▮今さら、個人別の動画データを 1ファイルづつ、iPhoneの「写真」アプリでアスペクト比を変更るのは、面倒です。

ちょっと、クオリティ的には、残念だが、このまま編集作業を続けることにしました。

ですので、左右両端がボケて表示されているのが殆んどで、まともに動画が表示されているのが、2,3人分だけです。

3.トランジション作業

各個人が撮影した20秒間以内の動画データを1つのファイルにまとめた(連結)ものをMacに取り込んだのですが、これを個人別にカット(トランジション)する作業が必要になりました。

「トランジション」とは、動画の表示タイミングや長さ、オーディオのタイミングなどを詳細に編集することが出来るのですが、連結された動画ですので、次の人の間をカットするのですが、どうもきれいに「つなぎ目」をカットできないのです。

トランジションの詳細画面も表示することができるのですが、今一、しっくりこないのです。

今回、初めて、「iMove」の使い方を「YouTube」で参考にさせてもらいましたが、このようなアプリの使い方などの解説は、文章で解説すると膨大な文字数になりますので「文章」ではなく、圧倒的に動画を観ながから覚えるのが一番ですね。

ユーチューバーの皆さん、ありがとうございました。

最後に、野望として
iPhone、Mac、DJIのドローンなどを持っていれば、ムービーカメラが無くても、趣味の世界が、グッと広がるような気がします。 動画クリエイトは年齢に関係なく、どんどん、深みにハマってゆくような気がします。 新しい事をたくさん覚える必要がありますので、ボケ防止には最適でしょう。

今年の「よさこい」は、コロナ禍で、秋に開催が延期になっていますが、スタバの女子大生が1名参加しますので、3日間写真撮影を予定しているのですが、動画も撮ってみようかと、たくらんでいます。

Macユーザーで、「YouTube」にアップしなくても、手持ちの「iPhone」で撮影した動画を「iMove」で編集して、思い出の動画を作ってみてはどうでしょう。

追記
▮「iMove」以外の動画編集ソフトです。

  • Premiere Pro
    初心者からプロまで利用されている定番の動画編集ソフト。
  • Premiere Rush
    PremiereProを初心者に必要な機能だけに限定した動画編集ソフト。
  • After Effects
    映画のタイトルや合成処理にも幅広く利用されている動画編集ソフト。

▮動画再生用のオーサリングソフト
DVDに焼いて出来上がった、「.MP4」のファイルですが、最新OS「Windows10」の場合、「動画再生」プレイヤーが入っていない場合があります。

・動画コンテナの主な種類
MP4、AVI、MPEG、WMV

・パソコンで観る場合、
従って、DVDを装置に入れても、どのアプリで起動しますかと、小さい画面が出るだけで、該当のアプリが無い場合、観れません。 そんな時は、「VLC」などの動画再生アプリを自分で、ダウンロードしてインストールする必要があります。  エクスプローラーから、ファイルをクリックしても、動画アプリは起動しません。

それくらい自分でできないと困ります。

・パソコンでは無く、「DVD再生装置」に入れて、動画が表示される様にするには、オーサリングソフトなどを使用して、ファイルを変換して読める様にする必要があります。

このように、DVDに動画を入れて観るには、結構、ハードルが高いので、複数の人に配る場合は、そこまで考えて作る必要があります。

必ず、「観れないんだけど?」と、配った人から文句が来ますよ。

関連記事
GOM & Companyが、ブラウザ上で動画編集を行える無料のWebサービス「GOM Mix Web」の提供を開始

LODESTAR JAPANが、動画変換ツール「Wise Video Converter Free V2」の無償提供を開始したと発表しました。

【アップデート情報】Appleが、iOS版とMac版の動画編集アプリ 「iMovie」 に多数の新機能を追加した新バージョンをリリース

Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする