08.スマートフォン情報一覧

LINEモバイルが、Androidスマートフォン「OPPO Reno A」と、NEC製モバイルWi-Fiルーター「Aterm MP02LN」および「Aterm MR05LN」のあわせて三機種を10月18日に発売を開始しました。

密かに、LINEモバイルって商品構成やサービスが、ワイモバイルと同じソフトバンク系列ですが面白いのです。 ちゃんと、iPhone6sも販売しているし、ファーウエイ、アスース、モトローラーなどの端末もしっかりと揃えています。

OPPO Japanが、11月上旬にSIMロックフリースマートフォン「OPPO A5 2020」を発表しました。予約は10月25日から受付開始する。

Dolby Atmosに対応したデュアルスピーカーを備え、FMラジオチューナーも利用可能。「FMラジオチューナー」と「ワンセグ」が付いていて、バッテリーが容量5,000mAhあれば、完璧です。私も欲しいくらいです。 対して使用しなくても、容量5,000mAhのバッテリーを搭載していることが、最大のメリットでしょう。

UQコミュニケーションズが、UQ mobileとUQ WiMAXを同時に試せる「Try UQセット」を開始

「Try UQセット」とは、 UQ mobileとUQ WiMAXを同時に15日間無料でお試しいただけるサービスです。 今回は、UQ mobileやUQ WiMAXを契約する前に機器の使用感やエリア、通信速度の確認に利用できますが、現在は、UQはauと付いていますので、エリアの心配はあまりないように思います。

キャリアのサブブランド2社と楽天モバイルのMVNOとしての10月からの料金比較

これから、キャリアから、足抜けしたい人向けの情報です。 どの会社にしようか? です。 そんな中、AUのサブブランドの「UQモバイル」、ソフトバンクの「ワイモバイル」も料金の変更がありました。 もう一つ、これからキャリアに昇格する予定の「楽天モバイル」も、まだ、「MVNO」としての料金体系に変更があります。

楽天モバイルが、『MVNOとしての新料金』を発表しました。

楽天モバイルの自社回線の本格展開が延期となり、10月1日も提供を続けることになったMVNOとしての「楽天モバイル」ですが、これがちょっと面白くなってきますよ。 新料金プランは、いわゆる"2年縛り"の設定がなく、いつでも自由に解約できます。契約解除料金も無しです。SIMロックもかけていません。

「楽天」が、10月からキャリアになろうとしていましたが、準備不足で、延期です。

携帯電話事業(MNO)に、今年10月から新規参入を目指していた「楽天」が、本格的なサービス開始を延期することを明らかにした。 「総務省」が8月、楽天に対し、基地局の整備が計画より遅れているとして、異例となる3度目の行政指導を行っていた。

8月30日(金曜日)の夜、家に帰って気がついた。 携帯電話(スマートフォン)が無い。。

いや、正確には、落としたのか?、置き忘れたのか? この時点では定かではない。。 多分、お客様の会社に置き忘れたと思い、次の日の夕方、仕事もないのに会社へ。 その場所(会社)のデスクには無かったので、その時、初めて、無くしたと思い、回線をWEBから、速攻で停止をかけました(自分で、ブラウザからログインすると回線を一時停止できるのです)。

LogicLinksが、 容量無制限でスマートフォンのデータを自動バックアップが行える「クラウドバックアップ by AOS Cloud」を開始

LogicLinksが、MVNOサービス「LinksMate」において SIM1枚あたり月額500円(税抜)のオプションサービスとして、 容量無制限でスマートフォンのデータを自動バックアップが行える「クラウドバックアップ by AOS Cloud」を開始しました。