13.人工知能一覧

【覚書】人工知能(AI)とは?、機械学習と深層学習(ディープラーニング)は何が違うのか?

分かっている様で、分かっていないのが、この事です。アメリカの人工知能研究者・未来学者のレイ・カーツワイル氏らが、このまま技術的進歩が進むと、必ず「技術的特異点(シンギュラリティ)」が訪れ、人類の知能を超える、究極の人工知能が誕生すると提唱しています。

【書籍紹介】人工知能はなぜ椅子に座れないのか: 情報化社会における「知」と「生命」 (新潮選書)

初め、人工知能の説明の書籍か。。。と思っていましたが、全然、違いました。 私が常々、疑問に思って、人類学、脳科学、脳神経学、分子生物学、進化論、遺伝子工学などの書籍を読み漁っていて感じたことが、この書籍の中に詰まっています。 生命とは何ぞや? を探ってゆくと、人工知能って、まだまだでしょう。 という事が分かります。

人工知能(AI)が人間を超える「シンギュラリティ(技術的特異点)」が、2045年に到来すると言われていますが、人間を超えるとは、どんなことでしょうか?

今まで、私が、自分は何者? 人間とは何者なんだろうと、ここ10年くらい考えてきましたが、人間を超えるのは、まだ難しいでしょうと思うのですが。 現在、盛んに研究が進んで、チェス、将棋、囲碁などのある特定の分野では、AIの方が性能が上になってしまいました。 開発者は、もう、人工知能(AI)がどのように判断して勝ったのかは、もうわからないそうです(もう、アルゴリズムではないのです)。

日本IBMが、クラウドサービス「IBM Cloud」で、AI「Watson」などを無期限で試用できる新たな無償プラン「ライト・アカウント」を11月1日から提供すると発表

2017年10月27日、 日本IBMが、クラウドサービス「IBM Cloud(Bluemix)」で、AI「Watson」などを無期限で試用できる新たな無償プラン「ライト・アカウント」を11月1日から提供すると発表しました。 IBM Cloudライト・アカウントは、クレジットカード不要で、期限無制限で利用できます。

【面白記事】グーグル47点、Siriは24点:デジタル・アシスタントの「知能テスト」

知性とは何か?、知能とは何か? 将棋や囲碁の世界では、とっくに人工知能にやられていますが、人工知能に人間らしい知性、知能を宿す必要が有るのだろうか、宿す必要が無いのだろうか。。。。まだ、幼いが、賢くなったらどうなるのだろう。 しかも、急激にです。

Microsoft社が、AI(人工知能)技術を利用した深層学習ツールキット「The Microsoft Cognitive Toolkit」の最新版2.1を公開

「Microsoft Cognition Toolkit」は、元々、Microsoft社内で利用するために開発されてきたツールキットですが、音声認識や画像認識のツールとして活用でき、さらにGPUパワーも利用できるという特徴があり、活用したいと考えるサードパーティに提供されましたので、利用が始まっている様です。

ミシュランが、AIによる自動運転車レースイベント「ROBORACE(ロボレース)」を主催するロボレースから公式タイヤパートナーとして指名されたと発表

2017年1月25日(現地時間)、 ミシュランが、AIによる自動運転車レースイベント「ROBORACE」を主催するロボレースから公式タイヤパートナーとして指名されたと発表しました。 NVIDIA、Chargeに次ぐ、ROBORACEが公式に発表した3社目のグローバルパートナーとなるようです。

テクノロジーは貧困を救わない方が多いのではないか?

もし、貧困を救う可能性があるとしたら、究極の方法ですが「人工知能」とセットで進化すると怖い「ゲノム編集」ではないでしょうか。 なぜなら、人類の平和な国における「格差による貧困」を救うには、ベーシックインカムのような制度を導入するか、危険ですが生まれや育った環境に影響されない様に人間の「体」と「脳」を改良して性能差を少なくすることによる方法で解消するかです。

Microsoft社が、最新チャットBot「Zo.ai」を発表

人工知能「Zo」は、失敗(ユーザーが問題のある事を教え込んでしまった)に終わったMicrosoftの「Tay.ai」に代わるチャットBotです。 既にチャットアプリ「Kik」(Android版/iOS版)のBotとして組み込まれています。 但し、英語ができる方のみ、「英文」で会話ができます。 Webサイトもあります。