ストレージ一覧

サムスンが、指紋認証機能を搭載した「Samsung Portable SSD T7 Touch」を2020年2月下旬より販売開始すると発表

「Portable SSD T7 Touch」は、インターフェイスにUSB 3.2 Gen2を採用した外付けタイプのSSDですが、本体に指紋リーダーを装備し、指紋認証によるロック解除が可能です。 指紋は4つまで登録可能。また、ハードウェア暗号化機能(AES 256bit)も搭載しています。

【新商品】バッファローが、同社史上最小を謳うポータブルSSD「SSD-PSMU3」シリーズを3月下旬に発売すると発表

バッファローが、同社史上最小を謳うポータブルSSD「SSD-PSMU3」シリーズを3月下旬に発売すると発表しました。 大きさが、59.5mm×33mmサイズのUSB 3.2(Gen 1)対応ポータブルSSDになります。 小さくて、良いですね。 もう、USBメモリが必要ないのではと思います。

【商品紹介】古いノートパソコンを快速にするSSD換装キット2台 Windows7から10への移行時も便利でしょう。

クリーンインストールせずに、現在のWindows環境をそのまま移行するには、環境コピーソフトが必要になりますが、そのソフトとケーブルがセットになった「SSD」が販売されていますので、SSD単体を購入すよりちょっと高価ですが、これを簡単に移行作業ができてしまいます。

アイオーデータが、外付けハードディスク(HDD)などのデータを完全消去するためのパソコン用ソフトウエア「DiskRefresher3 SE(機能限定版)」を無料でダウンロードできるようになりました。

通常のファイル消去やフォーマット操作では、ハードディスクなどのデータは完全には消えません。そこでこの機能は、フォーマットするだけでは消えないデータを復旧できないように完全抹消!します。

アスクが、Synology社製、ホームユーザー向けの1ベイNASキット「DiskStation DS120j」を発売しました。 想定価格は1万1730円前後

NASは、3.5/2.5インチドライブを格納した、ただのストレージではなく、OSを内蔵したネットワーク対応のストレージ専用のパソコンみたいなものです。 「DiskStation DS120j」は、3.5/2.5インチドライブ1台しか取付けらえませんが、ホームユーザーが使用するには、これで十分でしょう。

【超簡単】ストレージの入替などで、余ったSSDをUSBメモリ代わりにする方法

当時、高価でしたので、容量の少ないタイプのSSDを選択された方は、私もそうですが、大きな容量のSSDに入れ替えたいところです(私は、もう実施しましたが)。 HDDと違い、少しくらい扱いが雑でも大丈夫ですので、捨てないで、USBメモリの様なストレージとして、再利用できます。

アイ・オー・データが、指紋認証センサー付きのUSBメモリー「ED-FPシリーズ」を発売すると発表

■PCに挿し、指で背面にある指紋認証センサー部分に指でタッチするだけでログインが可能。PC上でプログラムを起動し、パスワードを入力するようなログイン操作が不要となる。 ■初期設定時はパスワードの登録が必要です。また、パスワードでのロック解除も可能です。 指紋認証からパソコン上でパスワードを入力してログインを行うパスワード認証へ切り替えが可能です

ロジテックが、 内蔵SSD 480GB 変換キット「LMD-SSKU3」シリーズ(HDDケース・データ移行ソフト付)を発売

このキットが、何が良いのかと云えば、 通常、ノートPCなどのストレージをHDDからSSDに換装する場合、まず、外付けのHDDを接続してクローンを作成して、SSDに入れる必要がありますが、付属の環境移行ソフト「HD 革命 Copy Drive Lite」をインストールしてから、HDDのドライブごとデータをコピーして、「SSD」入れ替えるだけの3ステップで簡単にSSDに換装できるのです。

PQI Japanが、指紋認証USBメモリ「マイロッキー・フラッシュ」シリーズを12月下旬に発売すると発表

税込実売想定売価は5,980円(32GB)、8,980円(64GB)、11,800円(128GB)。 「マイロッキー・フラッシュ」は、登録した指紋でロックを解除しないとドライブが開けないため、紛失してもUSBメモリ内のファイル、情報の漏洩を防ぐことができます。