車・バイク一覧

【キャンプ】ソロツーリングキャンプに行きたい。。です。

今から40年前に、さんざん、やってきたことのですが、なんだか、ふらっと糸の切れた凧(たこ)の様に、出掛けたくなるのですが、道具が少ししか残っていませんでした。 今の日本の状況と云うより、地球の環境を考えると、いつ何時、災害が発生して、避難しなければならない状況が発生する可能性が増しています。

本田技研工業が、テレワークのビデオ会議、Webミーティングなどに使用できるパソコン用のオリジナル バーチャル背景画像を同社Webサイトで公開

2020年4月20日、 本田技研工業が、テレワークのビデオ会議、Webミーティングなどに使用できるパソコン用のオリジナル バーチャル背景画像を同社Webサイトで公開した。 HONDAファンでなくても、きれいな背景画像がありますので、いかがでしょうか。

マクラーレンが、最高速403km/hを叩き出す、限定106台のハイパーGT「スピードテール」約2億5000万円を販売

最高速の403km/hの壁を超えるのは、ダウンフォースやドラッグなどを高度に計算されているんでしょう。 F1でも、トップスピードは、サーキットにもよりますが、せいぜい360km/hくらいでしょう。 ル・マン24時間でも、400km/h以下に抑えるようにシケインが設けてあります。

世界ラリー選手権(WRC)で、シトロエン(Citroen)が、2019年限りで同活動を休止すると公表

「セバスチャン・オジエ」が、2019年シーズン終了直後にシトロエン・レーシングを離れると決断したことを受けての事です。 2019年、フォードの「Mスポーツ」から、古巣「シトロエン」へ移籍しましたが、タイトルを逃してしまいましたので、2020年、今度はトヨタへの移籍が濃厚とされており、何としてもタイトルを取りたいのでしょう。

ホンダが、大型アドベンチャーモデル『CRF1100L Africa Twin』と、大容量燃料タンクなどを装備する『CRF1100L Africa Twin Adventure Sports』を2020年2月14日に、発売すると発表しました。

ホンダが、大型アドベンチャーモデル『CRF1100L Africa Twin』と、大容量燃料タンクなどを装備する『CRF1100L Africa Twin Adventure Sports』を2020年2月14日に、電子制御サスペンション採用の『CRF1100L Africa Twin Adventure Sports ES』を2019年12月13日に発売すると発表しました。

ホンダのハンターカブ「CT125」が欲しい!!

Hondaは、「第46回東京モーターショー2019」(10月25日~11月4日)に、市販予定車を含む二輪車・四輪車・パワープロダクツやエネルギー関連技術のコンセプトモデルなどを出展しますが、その中に、スーパーカブをベースにしたコンセプトモデル、トレッキングバイク「CT125」を公開

【おもしろ記事】 今のF1は体力的に厳しくない? ハミルトン「だから18歳でもデビューできる」

昔は、車体は、「鋼管スペースフレーム(分かりやすく云えば、鉄パイプで組み上げた車体)」で、エンジン後ろに配置して、リアのサス周りをくっ付けて車体と一体化させていましたので、まるで棺桶に乗っている感じで、事故ればドライバーが亡くなる事も頻繁に発生していました。