【北海道の冬の移動】車で札幌から日高の浦河まで出張しましたが、我慢の12時間でした。

2022-12-24、
本日の話題は、23日(金)、車で札幌から日高の「浦河町」まで出張しましたが、我慢の12時間でした。

札幌から距離にして171kmです。 通常は、浦河まで約3時間で到着できます。
朝8時に出発して、高速道路(札樽道)に入ろうとしましたが、札幌の北側を横断して千歳方面に向うルートが、除雪の為、札幌南インターまで通行止め?  そんなに雪が積もってねーだろう。

お陰で、高速道路の下(札幌新道)は大渋滞で、さんざん迂回して、「札幌南インター」にたどり着いたのが、午前11半時過ぎで、本当ならもうとっくに現地にたどり着いている時間なのに、まだ札幌市内です。

やれやれ、やっと、札幌南インターから千歳方面行きの高速に乗ると、今度は、「千歳空港」から「苫小牧東」まで、事故車で通行止めです。「なんてこった!!」。 千歳空港から国道36号をのろのろと走り「沼ノ端」からやっと高速に乗って、「浦河町」に付いたのが、午後3時半過ぎでした。 片道、7時間半です。  夏なら、札幌、函館を往復できるでしょう。

それから、学校の暖房設備の制御用の新しいコンピューターを入れ替えて、システムを動かし2時間で作業を完了して、帰路につきましたが、今度は、札幌南インター手前の「恵庭」あたりで渋滞が始まり、「札幌南インター」から札幌まで通行止めです。何をやっているんだか。。。

補足:
日高の海方面は、風がとても強い地域で、電気が瞬電(瞬断)を起こしますので、パソコンのストレージ、特にHDD付きのパソコンは壊れやすいのです。 本当は、業務用で使用するなら、必ず「UPS」装置から電源を取って、電源を安定させる必要があります。

 

高速道の下も渋滞しているので、札幌新道を走らずに「南郷通リ」に出て、そこから地下鉄東西線の最寄りの南郷通リ7丁目駅で車から降りるまで、20時を過ぎでしたので、トータル12時間の旅で、作業2時間、車の中に10時間も居た事になります。

今回、札幌市は、気温が高かったけれど、雪の量は少ないのですが、なせか、除雪で長時間、通行止めになるのか?  ちょっと、納得いきません。

最後に、

飲み物、食べ物に困ることはありませんでしたが、運転手さんが眠くならない様に気を使い、起きていましたと云うより、前を見ているのが好きですので。 こんなに時間が有るなら文庫本を1冊以上読めるではないか。。

道中、「新ひだか町」の当たりの道路の街灯は、立派で、さすが「」で潤っている街ですので、馬のオブジェが、街灯1つ1つに付いています。 退屈なので、車中から馬の数を1頭、2頭と数える羽目になります。
数年前に来た時は、馬の首から上の像でしたが、現在は、全身の像の馬がたくさん配置されています。それにしても、風は強いが、雪がうっすら被っているくらいで、雪が少ないです。放牧されている馬さんたちを何頭か見ることもできました。

こんな天気の怪しい時は、遠出をするのは、勘弁ですが仕事ですので仕方ありませんね。

日本道路交通情報センターのサイトで、高速道路の情報を入手です。
https://www.jartic.or.jp/

関連記事
東日本、中日本、西日本の高速道路㈱3社が、高速道路SA・PAの公衆無線LANサービスを一新、NEXCOが全国共通アカウント導入、利用制限撤廃など、平成2017年3月1日より順次、新たなサービスをリリースすると発表
【大雪】北海道は、8年ぶりの大雪?になり、交通機関がマヒして、未だに復旧していないので大変な目に遭っています。

Sponsored Links




コメント