【追悼】世界的ラリードライバー ケン・ブロック氏、スノーモビル運転中に事故死しました

2023-01-06、
本日の話題は、追悼です。
世界的ラリードライバー 「KEN BLOCK(ケン・ブロック)」氏が、1月2日午後、米国ユタ州においてスノーモビル運転中に不慮の事故で亡くなりました。享年55歳でした。

捜索救助隊のワサッチ郡保安官は、「急斜面でスノーモービルに乗っていた際、スノーモービルが転倒し、彼の上の乗り掛かるような状態となった」とコメントとしている。
参照:https://dmksnowboard.com/ken-block-dies-in-snowmobile-accident/

知らない人は、全く知らないでしょうが、モータースポーツの四輪界では、現役の有名な「叔父さん」なのです。

もう年齢的に、おじいさんの領域(失礼!)ですが、WRC、世界ラリークロス選手権、プロモーションビデオ、「ジムカーナ」シリーズの神業ドライブでもおなじみなのです。

ケンブロック

世界初の4輪駆動車 1965年型フォード「マスタング」 845馬力

観て下さい。
この豪快なドライビングを 圧倒的なエンジンパワーでタイヤが耐えられるのか心配になるほどです。


公開された『クライムカーナ』は、『ジムカーナ7』でも登場した1965年製フォード・ムスタング(1400馬力ツインターボ)で、あのパイクスピーク (Pikes Peak)に挑みました。

スタントドライバーとして、プロモーションビデオなど、街中(一般公道)で一見無茶な走りをしていますが、完全に道路封鎖をして管理された中で、思いっきりドリフト走行で暴れまくっている過激なドライビングシーンは、迫力があり、真似してみたくなるほど、完璧にうまいのです。

彼は、WRC(世界ラリー選手権)にも、過去、参戦していますが、一度もチャンピオンを取ったことはありませんが、他のWRCトップドライバーからも尊敬されていました。

DCシューズの創始者でもありました。

日本のトーヨータイヤ(TOYO TIRE)との縁もあり、2016年に同社とパートナーシップ契約を結び、フラッグシップタイヤ「PROXES」のブランドアンバサダーに就任、1月13日〜15日に開催される「東京オートサロン2023」のトーヨータイヤブースにおいて行なわれるイベントに参加を予定していた。

KEN BLOCKのご冥福をお祈り致します。

関連記事
トーヨータイヤUSAが、Youtube上でKen Block’s(ケン・ブロック)の最新動画『Ken Block’s Climbkhana: Pikes Peak Featuring the Hoonicorn V2』を公開


Sponsored Links




コメント