ポルシェが、最高出力650PSを誇る「911」のハイエンドモデル新型「911ターボS」を発表しています。

2020年3月3日、
ポルシェが、最高出力650PSを誇る「911」のハイエンドモデル新型「Porsche 911 Turbo S」を発表しています。

買えないけれど、「911ターボS」を紹介しちゃいます。 値段は3千万円ほどです。 

パソコンは、「文房具」ですので、高い安いとほざきますが、車は、私にとって「おもちゃ」ですので、値段は関係ありません。

911ターボS

この存在感、性能もさることながら、どこから見ても、かっこいいのです。

ポルシェは、横に乗ったことはあるが、ドライブしたことがありません。市販車の中では、一番、「レーシングカー」に近い感覚でドライブできる「スパルタン」な車だと言われています。

エンジンレイアウトは、フロントではなくリアに有ります。 直線で加速した時のトラクションは、これは4輪駆動ですが、強大でしょう。

私は、ホンダの車が大好きなのですが、一般大衆車と比較するのは、ポルシェに失礼ですが、日本車は、デビューした時が一番いい格好で、モデルチェンジを繰り返しているうちに、ベースが何だか分からなくなるほど「醜い車」に変貌してしまいます。

日本車は、なんで首尾一貫した、「美しい車」を作れないのでしょう?

「大衆車」と云う宿命を背負って世の中に出てくると、そのレベルの飽きっぽい大衆に合わせるしかないのでしょう。

「美しい車」を作れないのではなく、大衆に合わせて作っているだけだからです。

・911ターボS ポルシェ サイト
https://www.porsche.com/japan/jp/models/911/911-turbo-models/911-turbo-s/

関連記事
ホンダが、新型「シビック TYPE R」でニュルブルクリンクFF最速ラップタイム「7分43秒80」をたたき出し記録を更新したと発表

ポルシェが、ラリー参戦! 「ケイマンGT4クラブスポーツ」でWRCラリードイツを走る。

マクラーレンが、最高速403km/hを叩き出す、限定106台のハイパーGT「スピードテール」約2億5000万円を販売

トーヨータイヤUSAが、Youtube上でKen Block’s(ケン・ブロック)の最新動画『Ken Block’s Climbkhana: Pikes Peak Featuring the Hoonicorn V2』を公開

【面白記事】若者の5割超「車もたなくていい」、維持費に負担感…批判根強い「走る税金」の実態


Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする